Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽しみな変更

・UFC on Versus 五味の対戦相手がタイグリに変更、シケリム初陣へ

当初、ジョー・スティーブンソンとの対戦が決定していた五味でしたが、相手の負傷によりタイソン・グリフィンに変更
グラップラーに弱い五味にとってはかなりラッキーな変更か?
ネームバリューもスティーブンソンに比べて落ちないし、スタイル的にもバチバチの良い試合が見れそう

修斗ベルトを防衛するも即返上、UFC参戦を表明していたシケリムも早くもUFC初陣!!
相手はチアゴ・ダバレス
実力的には中の中と言った印象だけど、コテコテのアメリカンMMAスタイルのダバレスとのいきなりの激突はシケリムのリアルな実力を測る上ではもってこいの相手ではないでしょうか?

皇帝、散る

・ヒョードル、ファブリシオに秒殺負け!

試合動画


遂に連勝がストップ

決してグラップラーに弱い選手では無かったが(そもそもノゲイラを倒してブレイクした人だし)ここ数戦ストライカーとの対戦が多かったからか少し三角への対応が遅れていたように見えた

攻め急いでいたし、長期戦は不利と踏んでいたのだろうか?

何がともあれ、これでヒョードル最強幻想がに崩壊
まぁ様々なタイプのトップレベルに悉く打ち勝ってきた今までが凄すぎたというのもあるけど、正直、あまりに呆気ない感じ

ただ今回の試合に関しては、ヒョードル云々よりダウンを奪われるもしっかりと三角を極めにいったファブリシオを称えたい

もう便利屋とは呼ばせない?

・DREAM.14 追加2カード

メルヴィン・マヌーフ
水野竜也

菊野克紀
JZカルバン


マヌーフがライトヘビー級王者決定戦の1枠にエントリー
ナチュラルでも90キロ弱と体格の小さいマヌーフにとっては過酷(しかも片側ブロックには完敗した経験のあるゲガールがいる)な挑戦に思えるが、マヌーフの場合誰が相手でもやる事は一つだし関係ないか?

相手はDREAM育成選手の水野
ミルコ戦以降はM-1での無名外国人との試合が続いているため、現在の実力は未知数
一応、現DEEPライトヘビー級王者の中西に勝っているし、ライトヘビー日本人代表と言って良いかも
マヌーフはここ数戦カウンターにやられる試合が多いから、ディフェンスを磨いてくれば意外とあっさり勝てるかもしれない

そしてライト級第3の日本人菊野vsカルバンの好カードが実現

久々登場のカルバンは青木、川尻に完封と言って良い負け方で連敗中
実現はしなかったものの、前回は売り出し中の中村大介とのカードが組まれたりとすっかりトップレベルへの門番扱いとなってしまったが、ここで意地を見せられるか?
菊野はフィジカルでもカルバンに引けを取らないだろうし、三日月が不発であっても判定で硬く勝つ展開に持って行くことも可能でしょう

SRC.13 予想

多忙のため突然の更新放置、すいませんでした…
明日がSRCという事で、ちょうど良いので本日からぼちぼち更新を再開します

○金原 正徳
×マルロン・サンドロ
(判定)
金原の勝利は絶望的…というのは本人が一番良く分かっているだろう
ワンデーで6R動けるスタミナに加え、打たれ強さと決められない強さはあるだけに策をしっかり練っていけば、長期戦に持ち込んで作戦通りの試合をする事は可能かもしれない
5R戦という事で、長期戦となればサンドロの意外な面が見れるはず…と信じたい

○泉 浩
×イ・チャンソプ
(判定)
泉にとってはかなり等身大の相手。それだけに勝ち方にもこだわる必要がある
KOできれば最高だけど、危なげなく塩漬けできれば大したものか?

×菊田 早苗
○Yasubei榎本
(判定)
減量の必要な試合ではことごとくスタミナの切れる菊田。今回はかなり順調らしいが…
やはりいきなりウェルターに落とすというのは不安
ヤスベエは寝技の弱い選手では無いし、序盤に凌がれて後半打撃で押される展開になりそう

○真騎士
×ホドリゴ・ダム
(2R KO)
真騎士の爆発力をいかにダムが抑えられるかが焦点
真騎士も今回ばかりはグラウンドの展開には持っていかせないだろう。となると打撃戦だけど…
打撃のキレも中々のダムが打撃でカウンターを入れてKOという展開もありえるかも?

○中村K太郎
オマール・デ・ラ・クルーズ
(判定)
確かな実力者K太郎、これに勝ってワダタク戦や郷野戦と見たいカードはたくさんあるが…
ベラトールのトーナメント準優勝(ホーンバックルと同等?)というのは不気味
まぁ下手に色気を出さなければポイントゲームで勝てる相手だと思うが
メインに続く、今大会屈指のレベルのカード

○和田 拓也
イ・ジェソン
(判定)
パンクラスのベルトの返上し後ろ盾の無い状態で初の大舞台に挑むワダタク。ここ最近の自身満々な態度が裏目に出なければ良いが…
ジェソンも決して悪い選手では無かったけれど、いつも通り手堅い試合を展開できるんじゃないだろうか?

○大澤 茂樹
×戸井田 カツヤ
(判定)
テイクダウンしても武器の無い大澤にとって、トイカツがどれだけ打撃戦に付き合ってくれるのかが試合のポイント
色々と穴のある大澤にとっては意外と等身大レベルの相手なのでは?
いずれにしてもトイカツが上になる展開は無いだろうし、判定になれば印象点で大澤が有利でしょう

○臼田 育男
×チェ・ドゥホ
(1R TKO)
若手選手的な扱いの臼田だけど、もう新人と呼べる歳では無いし本当にトップを狙うのであればここから一敗もしてはいけない
特に今回の相手は無名でDEEPでも敗戦している選手、スカッと勝利して欲しい所

○川村 亮
×入江 秀忠
(1RKO)
心境的には入江に勝って欲しい所だけど、歳なうえこれと言った武器が無い
川村はパンクラス王者としても、引導を渡すという意味でも、絶対に落としてはいけない試合

DREAM.14短評

各試合の簡単は感想

・マッハ×ディアス
マッハがかなり善戦していただけにラストが呆気なさすぎて盛り上がらなかった。
あの負け方では本人も納得しないだろうし、引退は先延ばしか?
今日の様なコンディションを維持する気持ちがあるならトップに返り咲く事は十分可能だと思う

・高谷×ハンセン
まさかハンセンが失神するとは
疲れもあるだろうし、少しゆっくり休んで欲しい
高谷は打撃の思い切りの良さが戻ってきた
が、まだタイトルマッチは時期尚早か?
タイプの全く違う宮田とタイトル挑戦者決定戦が見たい

・桜庭×ハレック
体格差の影響でかなり押されていた感があるが、グラウンドでは技術で完全に負けていた
これがベストコンディションでの動きというならやはり現役続行も厳しくなってくるでしょう
とりあえず、今年は大晦日まで試合をしなくて良いのでは?

・KID×ロペス
復活と言って良いでしょう!
元々現代MMAでもスタンダードなスタイルだっただけに、このスタイルを貫けば戦績も付いてくると思う
ただ、今後トップを狙うのであれば障害となるのはやはり体重か

・所×ウィッキー
ウィッキーの良い所が全て出た試合だった
後はフィジカルで勝る外国人相手にこのスタイルを貫けるか
所は今後の引退とまでは言わないが、トップグループと試合をするのは難しそう

・宮田×大塚
宮田の自力にも驚いたが、宮田のフィジカルに小さな体でしっかり対応する大塚も賞賛したい
高谷戦もそうだけど、小見川がDREAMに来れば対宮田が見たいが…少し障害は多そう

・前田×大沢
ほぼ互角の試合
軽量級、ケージマッチの良さが出た試合だったが…
この試合は61キロ契約だったし、バンダム級が親切されないと二人共活躍するのは難しいでしょう

・ミノワマン×リー
ミノワマンがバックを取る展開は新鮮だったけど…それだけの試合
正直、もうこういったマッチメイクはミノワに取ってもプラスにならないししばらく封印して欲しい
個人的にはマヌーフ、弁慶、ハレック等との試合が見たい


会場は二階席封鎖だったがほぼ満員
フェザー級の細々とした試合が多かったし、結果として二階席封鎖は正解だったかもしれない

ここ最近休憩空けに良い試合に恵まれないDREAM
そういった意味でもMVPは高谷で

Appendix

プロフィール

ポンデポッポ

Author:ポンデポッポ
最後の昭和生まれ(♂)
格闘技オタクを豪語するが、その歴史は浅い。
座右の名は、
「夢の中ならPRIDEファイター」
ブログにコメントが入ると大変喜びます。。

各ご連絡はこちらへ↓↓
kakutupoppo@hotmail.co.jp

mixiやってます!!
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=4667903

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Appendix

お知らせ

にほんブログ村 格闘技ブログへ


・2/14
ブログ開設3周年を向かえました!!

     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
DREAM

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。