Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DREAM.15 短評

結果はコチラ

青木×川尻
まさかまさかの秒殺劇!!!
スパッツ無しで極めた事によって完全にスパッツ論争も蹴散らした
前回、あの様な形で惨敗しながらも、この試合で自分の信じたスタイルを貫けるのは青木の強さ
日本の夢はもう一度青木が背負う形に。
やれんのか!?

菊野×JZ
JZは完全に動きが全盛期に戻りつつあり、あれで爆発力まで復活しようものなら…これからの試合に期待ができる!
菊野は完全に課題が見えた形。今までグラウンド状態に引き込まれた後は持ち前の腰の強さで強引に立っていったけど、ああいった形で攻められるとどうしようもない
前回の敗戦(アルバレス戦)から弘中戦にかけて目に見えて進化していた菊野だけに、ここで終わる事は無いと信じたい

ゲガール×オブライエン
体重オーバーのオブライエン、タックル後になぜへばったのか…
直前まで減量を強いられていたから体調が良く無かった?
まぁゲガールがレスリング対策をしっかり練っている事が分かっただけでも良いか
という試合

マヌーフ×水野
ベストバウトと呼んで良いでしょう
大きな相手にスピードを生かしてガンガン突っ込むマヌーフとその打撃に屈しかけるも最後まで諦めなかった水野
互いの良さがしっかりと出ていた
特に水野のパウンドは、今までの重量級ファイターには無い非常に力の入った良い打ち方。あとはリーチを生かした打撃が序盤から出れば…
次戦の相手はゲガールとオールラウンダーの水野にとっては、技術と体格でも劣るあまりにツライ相手
奇跡を起こすために、打撃向上は必須か?

小見川×ヨンサム
小見川は流石の安定感。アグレッシブに来る相手にも全く危なげない
ヨンサムは前評判は最悪(と言うか評価しようが無い…)だったが、意外と頑張ったと思う。長いリーチから繰り出される打撃もそれなりだし、あれで柔術家なのだからもっとしっかりとした練習環境があれば伸びるのでは?

石田×DJ
まぁ予想はしていたが…
あまりにも何もできなかったDJ。レスラー対策ができるまでDREAM出場はお預けか…?まぁ一度くらい手の合うストライカーと試合を組んで欲しいものだが
DJには是非。10月に予定されるDEEP50に出場、再起をはかって頂きたい
石田は階級を落としてもあのスタミナ、あのスピードを維持できていたし早くもフェザーのトップクラスと呼んで良いでしょう
レスリングの実績では劣るけど、宮田とワンマッチで戦っても勝てるのでは?

中村×アモーゾ
良くも悪くも"PRIDEの中村"らしい試合
安定感は凄いが、サンチアゴや三崎等の選手にはその安定感を持ってしても負けているんだからやっぱりトップになるのであれば+αの特徴が必要


客入りは7~8割程度
会場は熱気がまぁまぁあったDREAM.14以上に非常活気あるものでした
次回は名古屋大会という事ですが…
ゴールデンタイム放送もあるし、観戦難民が出る事は無いでしょう

DREAM.15 予想

○青木真也
×川尻達也
(2R 三角締め)
前回のメレンデス完敗で評価を落とした青木。ただ、その一戦だけで過去の戦績が全てパーになったわけでは無い
下馬評では川有利らしいけど、もし川尻がメレンデスと同じ事をやろうとしているのであればルールや環境の違いからも青木勝利の可能性は高い
逆に青木にとっては恐らく下になる展開が主なだけに判定勝ちは印象点で絶望的。一瞬で極める必要がある

○菊野克紀
×JZカルバン
(判定)
ここ数戦はヒザのケガで苦しんでいたJZ。今回も完治していないという事になれば非常にマズイ
特に蹴りを多用する菊野にローを出されようものなら…
フィジカルでもほぼ互角と見て良いとなれば勝負を分けるのは打撃の質か?
圧力に屈して下がり始めた方が不利になると思う

○ゲガール・ムサシ
×ジェイク・オブライエン
(1R TKO)
前回モーにレスリング&パワーで完敗を喫したゲガールにとっては鬼門となる試合
オブライエンはヘビーから落としてきた選手ではあるけど、モーほどのフィジカルは無い
しっかりいうもどおりの試合をすれば打撃で徐々に削って行く事ができると思う

×メルヴィン・マヌーフ
○水野竜也
()
やはりリミットを下回ったマヌーフ。まぁ相手がリミットギリギリだろうが階級が上だろうがやることは一つだが
逆を考えれば、水野はその一つの対策をすれば良い
最近カウンターに屈する事が多いマヌーフ。約10センチの体格差を生かしてカウンターに徹すれば勝機はある

○小見川道大
×ジョン・ヨンサム
(1R TKO)
意外とでかいヨンサム(177センチ)。不安要素は少しあるが…
前回ミラーに完勝している小見川だけにここで星を落とす事は考えられない

○石田光洋
×DJ.taiki
(判定)
ただでさえ愛称が最悪にも関わらず対策なしで石田戦はキツイ
しかもK-1戻りという事で、MMA向けのスタイル調整にも時間が掛かるでしょう
ここは一つ、ダメ元でガンガン攻めていって欲しい所

○中村和裕
×カール・アモーゾ
(判定)
中村が、爆発力のあるアモーゾをいかにいつもの展開の様に抑えられるかが肝
パワー負けは無いだろうけど、三崎戦、サンチアゴ戦とミドルでのKO負けが続いているだけに、下手な色気を出さずに無難な試合をして欲しい

DREAM.15 ようやく追加カード

8日後と迫ったDREAM.14の追加カードがようやく発表に…

・DREAAM.14追加カ-ド

小見川道大
ジョン・ヨンサム

中村和裕
カール・アモーゾ

ゲガール・ムサシ
ジェイク・オブライエン

石田光洋
DJ.taiki


小見川、中村が初参戦
契約が難航したと思われる小見川の相手は結局無名の金魚となったが、まぁ今後の顔見せと思えば良いか

中村の相手は去年からDREAM参戦の噂があったアモーゾ
SFにも参戦する選手で、爆発力があり勝てばブレイクしそう
と同時にアモーゾに完勝するような事があれば、中村も勝てば年寄りしかいないミドル級日本人枠に新しい風が起こせるはず
どちらが勝っても継続参戦さえしてくれればDREAM的には良い流れになるのでは?

ゲガール×オブライエンは文句なしの人選
前回はフィジカルの強いレスリングタイプに完敗を喫しているゲガール。
UFC帰り、レスリングタイプでしかも元々ヘビー級の上位ファイターであるオブライエンは天敵であり、超えなければいけない相手

そして最後は急遽参戦となったDJとフェザー級転向の石田の一戦
上からのパウンドがあるし、DJにとっては宮田以上に嫌な相手
K-1で磨いた打撃でいかに倒せるパンチを当たられるかが勝負のポイントか?

カード自体は久しぶりに重い階級でのレベルの高い試合が見れそうだし、合格点であるものの、やはりここまで発表が遅いと盛り上がりに欠けてしまう
せめて、元々海外で噂になっていたゲガール×オブライエンだけでも事前にHPで発表したりとかできなかったのだろうか?

その辺の思惑は分からないが、このままではいけないと自分たちも分かっているのだから、従来のやり方を変える必要があるのでは?

楽しみな変更

・UFC on Versus 五味の対戦相手がタイグリに変更、シケリム初陣へ

当初、ジョー・スティーブンソンとの対戦が決定していた五味でしたが、相手の負傷によりタイソン・グリフィンに変更
グラップラーに弱い五味にとってはかなりラッキーな変更か?
ネームバリューもスティーブンソンに比べて落ちないし、スタイル的にもバチバチの良い試合が見れそう

修斗ベルトを防衛するも即返上、UFC参戦を表明していたシケリムも早くもUFC初陣!!
相手はチアゴ・ダバレス
実力的には中の中と言った印象だけど、コテコテのアメリカンMMAスタイルのダバレスとのいきなりの激突はシケリムのリアルな実力を測る上ではもってこいの相手ではないでしょうか?

Appendix

プロフィール

ポンデポッポ

Author:ポンデポッポ
最後の昭和生まれ(♂)
格闘技オタクを豪語するが、その歴史は浅い。
座右の名は、
「夢の中ならPRIDEファイター」
ブログにコメントが入ると大変喜びます。。

各ご連絡はこちらへ↓↓
kakutupoppo@hotmail.co.jp

mixiやってます!!
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=4667903

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Appendix

お知らせ

にほんブログ村 格闘技ブログへ


・2/14
ブログ開設3周年を向かえました!!

     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
DREAM

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。