Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

K-1関連2つ

・K-1MAX日本トーナメント視聴率は10.7%

何とか2ケタ代をキープできた。
といっても例年日本Tはこのくらいの視聴率なので、魔裟斗無しでも安定して数字を取れるを証明できたというのは大きい。
裏番組も強力ながら、この数字は合格点でしょう!!

次回は、63キロ級トーナメントで5・2にJCBホールで開催
その後、7月に70キロ級の世界Tの日本人選手の試合3試合+63キロ級Tの決勝を
オランダでそれ以外の70キロ級世界Tの5試合を行うとの事。

63キロ級に地上波ゴールデン放送があるのかが気になる。
が、トップ同士の試合にハズレが無いこの階級こそ、亀田や内藤とセットにしてでも世間に見て貰いたい

TBSさんお願いします!!(笑)


・4/3 バタハリ欠場危機


先日、オランダのアムステルダム市内で暴行事件を起こしたとして現在、警察に取調べ中だったバタハリ。
現在、自宅待機の様な状態らしいけど、これでは日本に来る以前に練習もできないだろうし厳しいだろうなぁ
本人も去年からアレだけ”人間的に更生した”と言っても結果がコレではどうしようもない。

K-1はこの2大会でコヒ、ペトロシアン、カラエフに加え主役であるバタハリまで欠場とはツイてない…
結果として面白い興業になってくれれば良いが・・・

MAX 感想

・K-1MAX 日本トーナメント結果

応援をしていた選手+気になった選手に関しての感想を少し

・自演乙
3連続KO勝ち。しかも決勝戦は大逆転勝利とMAX史上最高の形で優勝した自演乙。
前回の中国人戦と比べても体がしっかり出来上がっていて、技術的にもフットワークが非常に軽くなり、パンチのスピードも上がっていた。
勿論、運が味方をしたのは凄く大きいが、実質前回の負けから約半年でここまで成長してきたというのは並みの努力ではできないしただただ凄いとしか言いようが無い。
とりあえず「乙!!」

・中島
サンドストームでの入場には痺れた。
入場に負けることなく、試合も
武器は右しかないが、逆に右しかない状態でここまでの戦績を残したのは称賛に値すると思う。
まだ21歳、シウバ並みの蹴りを覚えれば日本無敵になる可能性もある

・DJ
タイ修行の成果が実り、まさかのキックボクサー顔負けのスタイルで勝利
とりあえず総合のストライカーでもやりようによってはK-1ルールで戦える事を証明したが…
谷川Pからは何とも微妙なコメントが。5・2開催の63キロ級参戦には暗雲が…
まぁK-1から干されても、DREAM、DEEPと活躍できる団体は手に余るほどあるが(笑)

・城戸さん
本人も試合前に語ったように、今大会はぶっちぎりの優勝候補だったと思う。
しかしメンタル面での弱さを露呈。K-1に上がる前からもメンタル難で時々ポカしていまっていたのがまた徐々に出始めてきてしまっているのか…?
正直、昨日の様な試合運びでは、ワンマッチでも自演乙や中島に勝てるか怪しいような気がする

・日菜太
こちらも優勝候補だったが…
去年、世界レベルに通用する事が分かったからなのか、むやみやたらに左ミドルを蹴り過ぎている
来ると分かっている攻撃が、予想と全く同じタイミングで来る事ほど怖くないものは無い
蹴りとパンチのコンビネーションをしっかり確立する必要があるのでは?


初めてのK-1イベント観戦だったが、進行上のグダグダがほとんど無く一つの興業としての完成度に驚かされた。
地上波では伝わらない熱も会場ではしっかりあり、流石有名団体だけはある(正直、かなりお葬式なのかと思っていたww)

国内色々

・明日、K-1MAX日本トーナメント

コヒ、ペトロシアンと2つの大きな顔が直前欠場、テレビ放送はフィギュアスケートの裏番組になってしまうという最悪の流れで開催の今大会。

ワンマッチでは特に目を引く物は無いが(taikiは勝っても負けてもMMAに戻りそうだし)
トーナメントでは、コヒ欠場で生まれた自演乙×名城という思わぬ好カード、日菜太×優弥の去年ブレイク組対決、中島とタツジの新旧パンチャー対決と粒ぞろいのカードが並ぶ

本命は体格や経験を考えると城戸さんか?
大穴は中島。
自演乙、名城はファイトスタイル的に優勝はほぼ不可能かもしれない

今回、初のK-1会場観戦です。(DynamiteをK-1としないならば)


・5/30 修斗で3大タイトルマッチ

リオン×日沖、漆谷×神酒、シケリム×遠藤が決定。
ルミナも参戦するし、修斗の総力戦と言っていい

シケリムは勝っても負けてもSRC参戦が確定しているらしいが、だからこそ遠藤にとっては凄いチャンス。豪快にアップセットを起こして欲しい


ただこの5月30日という日程
DREAMライトヘビー級GPが開催されると噂されている日なんだよなぁ…

今回の修斗もDREAMと同日開催だったし、ただでさえ数の減って来ているMMAファンをさらにバラしてしまうのはどうなんだろ・・
別に争っている立場じゃないんだから、こういった面は団体同士がしっかりと話合って欲しい。

まぁDREAMサイドが正式な日程を発表をしていないから、同日じゃない可能性もまだあり得るけど

DREAM.13短評

結果はコチラ→http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/other/live/2010/2010032201/index.html

○ビビアーノ×ハンセン●
ビビアーノがまさか打撃で上回るとは…
テイクダウン能力も前回の試合よりさらに強くなった気がする。
小見川レベルの新規参戦が無い限り、長期政権は間違いないでしょう
ハンセンは減量の影響は無いと言っていたけど、下半身がかなり細くなっていた。まぁそれ以外で劣化したような部分は見当たらなかったが
エスコベト、カラム、大塚あたりと対戦してフェザーでの実力査定が欲しい
TDされた後に素早く立つ技術には流石の一言。

○ジョシュ×モー●
ジョシュよりも、あの完全な金的から這い上がったモーの頑張りが目立った試合だった
タックルや組みにもしっかり対応できていたのには驚いた
ただ再開後のモーに勝つ気が本当にあったのかは疑問。ハッキリ言って、あそこで試合を止めた方が良かったのでは?
ジョシュは良くも悪くもいつものジョシュ。
アルロフやロジャースレベルとの対戦を見てみないと現代MMAの進化についていけているかどうかは分からないが果たして…

○ヌーン×ジダ●
ヌーンの高いボクシングテクニックだけで完勝
まぁ元々ああいうスタイルの選手だけに仕方がない。青木あたりは問題無く勝てそうだけど、アルバレスや菊野の様なストライカーには脅威的な相手になると思う。
ジダは試合を重ねるごとに消極的になってきているような…
あのスタイルで、自分からいかないようではただ判定負けを待つだけになってしまう。シュートボクセに一回戻ってみては?

○長南×ナカハラ●
今まで行われたDREAMウェルター級の試合では一番かみ合っていてレベルも高い試合だったと思う。
UFC帰りでの成長がしっかり長南。まぁ極めが無いのはお約束だが…
ぶっちゃけもうザロムとタイトルマッチでも良いんじゃないだろうか?
ナカハラはポテンシャルはありながらまだまだできない事が多すぎるという印象
練習環境にグラウンドを深くできる所がないんだろうか?
今後も極真と両立していくという考えなら、これ以上の成長はないかも。逆にMMA専念となれば凄く楽しみな選手ではある。

○エスコベト×前田●
前田、また横浜で完敗・・(笑)
序盤から所々でガードが下がっていて嫌な予感はしていたが…
エスコベトは事前に動画で見た印象と違い、打撃もリーチを生かしながらも消極的で無く結構面白い選手だと思う。
ヨアキムや高谷との試合が見たい

○菊野×弘中●
菊野は今までとは違い、ステップが非常に軽快に動けていて、打撃の思い切りも良かった。
何より弘中が得意とする四つからのテイクダウンを完全に防げていたというのは、今後勝負する選手達にとっては脅威になるんじゃないだろうか?
完敗した弘中はまたまたあと一歩の所で主役になれず…
ただ、ケージの方が得意だろうしストライクフォース参戦も面白いかも

○ミノワ×アンブリッツ●
煽りVではニコニコ動画ではお馴染みのガチムチネタ。
ウケたけど流石にやりすぎなような…(笑)
アンブリッツは色気を出してチョークを取りに行こうとせず、あのままコツコツバックからパンチを当てていれば勝てたのに…非常にもったいない
確か、サップもミノワからバックグラブポジションを取ろうとして、足が上手く絡めずに失敗している。
これが誘えれば足関節技との相性も良いし、もしかしたらミノワの新たな戦術なのかもしれない…ww


しかし金的攻撃の多い興業だった…w(何と7試合中5試合。4試合が金的によるタイムストップ有り!)
そのせいもあって全7試合と少ないわりに4時間興業に

全体的には可も無く不可もない感じ
前半4試合は凄く面白かったけど、後半(特にジョシュの試合)で少し冷めてしまったのが痛かった

お客の入りもそれほど悪くは無かった。
マッチメイクは良かっただけに、5月大会もこの調子でのお願いしたい

DREAM.13予想

×ビビアーノ・フェルナンデス
○ヨアキム・ハンセン
(判定)

DREAMフェザー級では本当にこれ以上にない戦い。
確かに強いビビアーノだけど、最近の戦いはグラップラーというよりオールラウンダーという感じがする
ヨアキムに勝つには色々な事をするよりも、得意なものを一つ出し切って戦った方が良い
高谷戦や大塚戦の延長のように戦ってしまうとハンセンが完勝してしまいそう

○ジョシュ・バーネット
×マイティ・モー
(1R アームロック)

強さが売りのジョシュにとっては絶対に負けられない一戦
同じタイプで当時は確実にモーより強かったハントを難無く下しているのを見ると、まぁ負けることは無いと思う

○前田吉郎
×コール・エスコベト
(2R TKO)

エスコベトは強豪ではあるけど、世界トップレベルの選手相手での試合ではことごとく勝ち星を落としている印象がある。
ビービ戦の様にキレのある動きで戦っていけば結果はついてくると思う

○菊野克紀
×弘中邦佳
(判定)

正直、実力的にはほぼ互角だと思う。
ただTD耐久もある菊野が自分のフィールドで戦いやすいという面では若干有利か
弘中は下になってでもグラウンド勝負に持っていきたい所。

○KJ.ヌーン
×アンドレ・ジダ
()

戦績だけでいえば圧倒的にヌーンが優勢。だたMMAから1年以上遠ざかっていた&MMAでは久しぶりのリングでの戦いという所での影響がどこかで出そう
ジダはここ数戦の戦績が芳しくないが、ヌーンを倒せば(主に海外から)引く手数多の存在になるのは間違いない
ただボクテクで言えばジダのパンチが当たることは考えづらい…

×長南亮
○アンドリュース・ナカハラ
(判定)

個人的な願望混みでナカハラ勝利
やはりここで長南に勝たれても面白くない。特に先日のDEEPでの試合を見ても特に成長していると言える部分が無かっただけに…
ナカハラのグラウンド技術がどこまで成長してるかが見もの。

×ミノワマン
○ジミー・アンブリッツ
(1R TKO)

アンブリッツは意外と組みが上手い印象がある。ミノワはテイクダウンできないのでは?
タックルを切られて上に乗られようものなら、サップやホンマン以上に強力なパウンドが待っている
勿論、上を取れれば勝機はあるが…
ただ、アンブリッツが足関を取られているシーンって見た事ないから何とも言えないw

2大パンクラシスト復帰

・DREAM.13 ジョシュのカード決定

ジョシュ・バーネット
マイティ・モー


噂通りモーに決定。
一応一発があって勝つ可能性のある選手ではあるけど、ジョシュにとっては1年半ぶりの復帰戦
負けない様に、さすがに打撃に付き合うことはないんじゃないだろうか?

まぁ「じゃあ誰だったら良かったんだ」と言われれば、アリスターやアルロフくらいしかいないんだけど

結局13は全7カードに
かなり少なく感じるけど、KJヌーン、バーネットあたりのファイトマネーを考えたら当然かもしれない

・北岡復帰戦が6・5パンクラスに決定!!

しばらく試合を控えていた北岡が遂に復帰を決意。

本人はASTRA参戦を希望していたけど、もうDREAMサイドに成りつつあるASTRAへの参戦はできなかったか

同じイズム仲間である伊藤を倒した山田哲也あたりと対戦すれば面白いかも

2戦目?決定

・石井、MMA2戦目はハワイでエキシビジョン

今週末ハワイで開催されているX―1(もちろん長州力は無関係www)という興業でエキシビジョンマッチを行う事が決定

う~ん…2戦目でエキシビジョンってのはどうなんだろう…
どうせならしっかりMMAの試合をやって欲しかったし、ガンガン試合をしていかないと、特にあの手打ちの打撃は実戦をしないと確実に良くならない
これもファイトマネーの問題なのだろうか?

まだ判定無し(時間切れはドロー扱い、ダウンカウント有り)の特別ルールとか、グラップリングマッチとかの方がためになると思うのだが…


・UFC LIVE、日本向けにライブ配信が決定!

UFCの新ブランドで現地時間3月21日に第一回大会が開催される「UFC LIVE」が日本で無料配信される事が決定!!

配信先は以下のURL
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/event/ufc/index.html

ベラvsジョーンズ、ドス・サントスvs"ナパオン"ゴンザガ、コンゴvsブエンテロと本戦でもメインカードクラスのカードが組まれているだけにかなり楽しみ!

ただ放送時間が22日の20時からとDREAMの開催と重なってしまうのが残念か…
まぁDREAM地上波観戦の方は20時からUFC、深夜2時からDREAMとMMAづくしの一日を送れそう

最近UFNの地上波進出や日本大会開催に向けての発言等、日本進行の準備を着々と進めているUFC
落ち込んだ日本マット界に良い波を起こしてくれることを期待したい。

電撃復帰

・ASTRA 追加1カード

エンセン井上
アンズ"ノトリアス"ナンセン


エンセン井上が電撃復帰!!
試合自体は2004年以降行っていないが、現役同様の練習をしているというのはちょくちょく話がでていた。
ただ1年半には薬物乱用で逮捕されているが…コチラの方の問題は大丈夫なのだろうか…??

相手は戦極第10陣に参戦したナンセン。
ナンセンは豪州のキック王者だけど、前回の泉戦では打撃がそれほどトップレベルの動きには見えなかった

42歳と年齢的にどう劣化しているか分からないから何とも言えないけれど、MMAのセンス的にはエンセンの方が圧倒的にあるはず。
できれば打撃決着を期待したい

そして今回の会見では、ASTRAとDREAMにはしっかりとした協力関係がある事と発言があったそうだけど、そうならばこの試合の勝者がDREAMライトヘビー級GPに出場する可能性も有る??


また瀧本がASTRAを欠場、そのまま引退することも明らかになった

適正階級ではそれなりの成績を収めていたし、これからの活躍が期待されていただけに残念…
まぁ何がともあれ、お疲れ様です。

相変わらず

・DREAM.13追加カード

前田吉郎
コール・エスコベド

ジョシュ・バーネット


なんと大会10日前の会見なのに最終決定では無いという
発表のペースがいつになく遅い(って今まで何回書いたような…)

前田の相手はWEC初代王者のエスコベト
WEC時代は連敗を経験するも、ここ最近はローカル団体でかなり良い成績を収めている。

ちょっとインパクトの足りないような気もするけど、バンダム級GPがあるというSRCの方に参戦となっていたら大分印象が違っていたんだろうなぁ…
前田にとってはミカミラー以上においしくない相手かもしれない。が、ここで前田が勝たないことには大晦日の対抗戦でガタガタになったDREAMフェザー級の再生ができない

ようやく参戦が正式発表となったジョシュだが、相手はまだ見つからないとのこと。

確かにアントニオ・シウバやティム・シルビアがジョシュ戦のオファーを断ったというとこは本人達がインタビューで話していたが…
ジョシュくらい大物になればいくらでも名乗り出る選手がいそうだが、そこんところはどうなんだろう??

最低でも、DEEPメガトン王者の川口やローマンゼンツォフ、噂のあるマイティモーくらいのクラスは用意して欲しい。

アストラvsDREAM??

・ASTRA 追加2カード
小見川道大
ミカ・ミラー

長倉立尚
毛利昭彦


小見川の相手はDREAMフェザー級GP1回戦で前田に敗れたミカ・ミラーに
敗れたとはいえ、判定ではどちらに転ぶか分からない展開だったし、実力者であることは間違いない
テイクダウン後のねっちこい動きもあるし、小見川も案外苦戦しそう
リーチ差はあるけど、テイクダウンを狙うより打撃で中に入っていた方が良いような気がする

長倉vs毛利は共にDEEPを主戦場としている同士の対決。
大舞台でやるべきカードでは無いが、実力的にも釣り合っているし、長倉には嫌な相手かも
そして毛利は何気にライト級からフェザー級へ階級を下げての参戦。
最近は若手選手への当て馬的ポジションにされる事が多いし、この転向で心機一転をはかれるか?

SRC12総括?

といっても結果だけ見ただけで、試合映像はまだ前半しか見れていないんですが…(笑)
気になった部分を数点だけ

・ミドル級タイトルマッチ
やはりサンチアゴが上手く試合をまとめていたみたい。
ハリドヴ幻想が無くなってしまったのは残念だけど、原石であることは変わらない。
SRCにはドークセンや佐々木等等身大の実力を査定できる相手がたくさんいるし、次次試合を組んで成長させていって欲しい

・サンドロ
「UFCに追いつく」と言っていたSRCで、今大会唯一UFCクラス(まぁフェザーはWECだけど)と言って良いのがサンドロだった。タイトル挑戦には申し分ない実力
あの打撃に加え、トップスラスの寝技、小見川に組まれても耐えられる腰の重さと、王者とはいえ金原の勝つ確立は絶望的。
下から動きまくって奇跡の一本勝ちを狙うか…?

・郷野
良くも悪くもいつもの郷野。
ただ今回は大晦日の一本勝ちで評価をかなり上げていた矢先の試合、勝ちはしたもののかなりマイナス評価になったと思う。
実力は認めるが、歳でもあるしやはり団体のエースとして活躍させるのは難しいかも
今年はウェルター級のトーナメントが開催されるとの事だけど、参戦してくる選手は恐らくほぼ全員郷野より格下のはず。"完封"だけでは無い、勝利の内容も求められる

・真騎士
いよいよS4との対戦が見えてきた。と言うか、本当は今回、光岡でも横田でも当てて欲しかったが…
ただ今後はパンクラスのタイトル防衛戦があるし、最悪このS4との対戦が今年後半になってしまう可能性があるのは非常にもったいない

・ヘビー級タイトル
中尾がマイクパフォーマンスで設立をアピールしたヘビー級のタイトル。
しかし"キングオブ戦極"ジョシュはもうSRCの選手では無いし、ハーマンやイワノフもイマイチ
となるとAシウバとの対戦となるけど…再戦のためインパクトが無い
ここは新生の未知強ファイターをドンドン参戦させて、DREAMとは違った形で活性化をはかって欲しい


会場入りはやはり良くは無かった模様。
進行上のグダグダもあったとか

次興業まで3ヶ月と十分時間が空くし、タイトルマッチが1つ決まっているのは大きい
この長期間にどれだけ興業として進化させていけるか?新社長、新体制の本気を見せてほしい。

SRC12予想

○ジョルジ・サンチアゴ
×マメッド・ハリドヴ
(5R 判定)

ハリドヴはまだまだ本当によく分からない。ただパワーと当て感が凄いというだけは分かる
ただサンチアゴも前回の教訓から、常にテイクダウン狙いで下になっても動き続けるという戦法を取るだろうし、試合は5分5R。
後半に強い気のあるサンチアゴが有利でしょう

○郷野聡寛
×ディアゴ・ゴンザレス
(3R 腕ひしぎ)

ゴンザレスの試合動画は少ししか見たことがないので良く分からないけど、郷野の極めさせない技術があれば圧倒できるのでは?
エース達が団体を大量離脱した今、郷野は何としてでもここで勝たなくてはいけない。
たぶん本人が一番良く分かっているでしょう

○真騎士
×アームバー・キム
(1R KO)

キムは韓国ライト級のエースらしいが、はっきり言ってパワーどころか経験的にも真騎士が圧倒的に上
パウンドと踏みつけで豪快なKO勝利となると予想

○マルロン・サンドロ
×鹿又智成
(3R TKO)

あまりに強いサンドロ。元ライト級トップの鹿又とはいえ全局面で圧倒されそう
あと、もしここで鹿又が勝った場合、タイトルマッチ挑戦者が王者と同門という事になってしまうがどうするのだろうか…

○中尾"KISS"芳広
×戦闘竜
(3R 判定)

テイクダウン技術は一級品でもその後が無い中尾さんと、立派なストライカーに進化するもテイクダウン耐久が無い戦闘竜の一戦
やはり中尾さんが塩漬けというのが最も陥りやすいパターンか
本人の望むとおり藤田戦を組んでもらいたいなら、内容も問われる一戦になるはずだが…

○星野勇二
×ニック・デニス
(2R TKO)

デニスは日本では秒殺勝ちと秒殺負けしかしていないのでイマイチ真の実力が把握できない
星野がしっかり休業前の力を取り戻せていれば無難に勝ちそう

×國奥麒樹真
○レオ・サントス
(3R 判定)

國奥は1年半ぶりの戦極。ステータス的には十分トップのはずだが前回は若手相手に散々の試合を見せていた
今回もあまり変わっていないんじゃないだろうか
とはいえ、サントスも相手が横田だからとはいえ持ち味のグラウンドゲームで主導権をしっかり握れていなかったし、試合後半に盛り返すようなら判定を逆点させる事は可能なはず

○大澤茂樹
×ガン・ギョンホ
(3R 判定)

大澤は前回の完敗が痛すぎる。逆にギョンホは噛ませ犬っぽく見られているが、山本篤戦から見て中々しぶとい選手
いつも通りフィジカルと組みの上手さで圧倒したい大澤だけど、接戦になるんじゃないだろうか?


今回は観戦はチケットが無いので控えます
なんせSRCいわくチケットが完売らしいんで(笑)

なので次の更新は試合の短評では無く、結果をふまえた展望とかになるかも

大黒柱へ

・青木真也、4・17ストライクフォースで王座に挑戦

噂が絶えなかった青木×メレンデスが遂に実現。

金網&ヒジ有り、ロングスパッツ使用禁止、タイトルマッチのため5分5R、初の海外での試合(まぁアブダビの出場経験があるが)
と不安要素が多い中、絶対に負けられない戦いに挑むことになる。

それでも一見、相性的に青木が有利そうだが、
メレンデスはここ数戦、かなりテイクダウンされにくくなってきている。

とはいえ青木もスタンドでの戦い方が格段に上手くなっているが…

5分5Rとという長時間も勝負にどうでるのだろうか?
まぁ今まで青木がスタミナを切らすような場面は一度も見た事は無いけど

本人が言うように青木が負けるとなると、DREAMの価値がグッと下がってしまう

ここで勝ってこその"大黒柱"だが果たして…

Appendix

プロフィール

ポンデポッポ

Author:ポンデポッポ
最後の昭和生まれ(♂)
格闘技オタクを豪語するが、その歴史は浅い。
座右の名は、
「夢の中ならPRIDEファイター」
ブログにコメントが入ると大変喜びます。。

各ご連絡はこちらへ↓↓
kakutupoppo@hotmail.co.jp

mixiやってます!!
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=4667903

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Appendix

お知らせ

にほんブログ村 格闘技ブログへ


・2/14
ブログ開設3周年を向かえました!!

     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
DREAM

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。