Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

突然の引退

・MIKUが突然の引退宣言

女子格ではもっとも乗りに乗っているMIKUが突然の引退を発表
理由は口にしなかったが、どうやらケガ等では無い模様。

ここ最近は敵なし、女子格界では絶対的ポジションにいるフジメグにもようやく手が届き、今が最も格闘家として充実している時期であろうという時の引退とは本当にビックリ
一体何があったのか…

なお、今大会で野地竜太に負けた藤井克久も引退を宣言。

ハッスル旗揚げ当初は小川の右腕として一緒に活動し、PRIDEではイゴール・ボブチャンチン等とも戦った。

とにかくお二人共お疲れ様でした。


・ASTRA 1カード決定

白井祐矢
チェ・ミルズ


DEEP王者の白井が参戦
相手はザロムスキーを2度破った経験のある、チーム・トロージャンのミルズに

白井はDREAMでは秒殺負けと良い所を見せられなかったが、その実力は中々のもの
逆にミルズはザロムをKOという戦績は光るものの、最近の戦績はイマイチ。メジャー団体参戦経験も無い(実はTUFに出場していたらしいが)
白井は何としてでも勝っておきたい

また、デニス・カーンの参戦も発表に
階級的にも中村との対戦が濃厚と見るけど…
コレ、意外と面白いカードじゃないだろうか?

ヌーン参戦!!

・DREAM.13 4カード追加

菊野 克紀
弘中 邦佳

KJ・ヌーン
アンドレ・ジダ

長南 亮
アンドリュース・ナカハラ

ミノワマン
ジミー・アンブリッツ


いずれも試合展開が想像できない、どちらに転んでも面白い。そんな好カードだと思う。
DREAM.12でもこれくらいのカードが組めていれば…

菊野×弘中は青木、川尻に続く第3の日本人を決めるに相応しいカード
共に全く異なるスタイルなだけに、試合展開も全く予想できない
この勝者や敗者に、石田や中村、小谷あたりをぶつけてもまだまだ面白い。

そしてなんと、KJヌーンが参戦!!
カルバン長期欠場中、アルバレス離脱中、ハンセン階級転向とスッカラカンになったと思われたDREAMライト級外人勢も協力すぎる援軍が
ジダとの打撃戦は確実にかみ合うだろうし楽しみ。寧ろジダが勝っちゃっても面白いかもしれないw

長南の相手はナカハラに
長南有利の声が多いけど、アグレッシブに変則的な打撃を繰り出してくるナカハラは、長南にとっては意外と鬼門かもしれない

そして最後は須藤元気待望のアンブリッツが参戦(笑)
思い切りの良さが定評だったけど、実は撃たれ弱い一面も…(日本での3戦中、2戦が打撃をうけてのタップアウト負け)
寧ろ、レスリング面の方がジョシュとの組み合いにも負けなかったりと強かったりもする。
ミノワは打撃戦の方が勝機アリか??

色ものの中では異様な人気を泊していたアンブリッツの参戦、SFからトップレベルとも言って良いヌーンが来襲と良くも悪くもファンの声を聞いている事が伺える

下火の日本MMA界にとっては、こういう事は凄く大事だと思う。

また、大物ヘビー級選手の参戦もほぼ決定しているとのこと。
サプライズになりうるビッグネームと言えば、ホジャー、ジョシュくらいしか思いつかないのだが…
いつものサプライズ宣言通り"無かった事になる"のは勘弁して欲しい

何とも言えないカード

・SRC12追加&変更カード

マルロン・サンドロ
鹿又 智成

星野 勇二
ニック・デニス


サンドロの相手は鹿又に
ライト級では廣田、児玉に負けパッとしなかったが、フェザー級転向で新たな活路を見いだせるか!?

確かにサンドロに勝てば、ここまでの負の戦績は全てチャラになるが、あまりにその壁は高い。
もっとも不調だったデニス戦ですら完勝するような選手だし

そのニック・デニスもヘイスの代役として急遽参戦

ウィルソン・ヘイスは腰を強打し骨にヒビが入ったため欠場とあるが一方で…

・ベラトールFCシーズン2トーナメント組み合わせ決定
4月15日開催のこちらにしっかりとエントリーされている。
まぁ随分前からベラトールを優先するため今回のSRCには出ないと明言していたわけだが

何とも微妙なカードに加え、運営のやり方もこれでは今後が不安になる…

更新再開します

・K-1MAX日本T組み合わせ決定!!

いつもならもう開催している頃だけど、今年は対戦カードがようやく発表に
といってもしっかり全カード決まっている

去年ベスト16で終わった佐藤が何故か特別枠で、ベスト4の山本が予選からというのは少々納得できないが

つい先日も豪快な勝利を見せたSBの梅野は参戦せず
TATSUJI、龍二は出さなくても良いのでは?

注目は山本×日菜太の優勝候補対決と、コヒ×自演乙のネームバリューのある2人による潰しあいか?

山本×日菜太は本当に分からない。日菜太のパワーがアップしているのであれば、3R無理やり押しきる

コヒ×自演乙はリーチを始め、実力では圧倒的にコヒ。
しかし、近年ヘタレ具合が増してきているし、コンディションも良さそうではないから一発のある自演乙なら勝機も十分あると思う。

なお、今年から63キロ級のトーナメントも開催することが決定!!

開幕を象徴するワンマッチに選ばれたのは何とDJ.taiki!!
MMAファンとしては是非、頑張ってもらいたいけど、相手の渡辺はご存じの通り元ボクシング王者。
パンチ主体のDJではちょっと辛いか?


・格闘技通信、今月号で廃刊

やはり今月号で長い歴史に幕を下ろします。
といっても週刊プロレスの1コーナとして存続&携帯サイトは継続配信するようだが…

特に何の変哲もない記事が多いと思ったら、今月号のインタビューに榊原の名前が!!
何を語っているのか非常に気になるので購入しようと思います。

4周年

大学の方の卒業研究が忙しいので少し更新を放置気味ですがご了承下さい…

さて、このブログも初めていよいよ4年が経ちました!!

自分はメジャー団体思考の人間なので、日本のMMAメジャー団体のカードへの思いや感想等を中心に書いてきました

ただ当然ながら、決してマイナーと呼ばれる団体に興味がないというわけでは無ありません。
マイナーからメジャー団体へ上がり、ただ勝つだけで無く、勝ち方やスタイルまで問われるようになる全く別の世界に行った選手達がどう戦っていくのか?
ここで勝って観客の支持を得る選手こそ真のプロ格闘家である、と考えているからです。(あくまで個人的な見方です)

メジャー団体と言えば、一昔前ではPRIDE、HEROS
今現在はDREAMとSRCがそれに該当するものだと何の疑いも無く思い、それらの団体の話題を中心に更新を進めてきました。

しかしここ数年
ご存じの通り、MMAがアメリカ市場を中心に回り始め、日本のメジャー団体はそのクオリティを保てずにいます。

特にSRCは、3月大会のカードが6つ決定していますが、お世辞にもメジャ-団体と呼べるカードではありません。
極端に言ってしまえば、大会名をDEEPや修斗伝承に変えてしまっても全く違和感の無いもの

もっと言えば世界最強を決める(らしい)というSRCのコンセプトからも大きくはずれています

これはメジャー団体と言えるのでしょうか?

メジャー思考のファンの一部の人では、UFCやストライクフォースを見る、日本にメジャー団体はいらないと言いう人もいます。

しかし、アメリカ>日本という思考が完全にできてしまっている野球も、日本のプロ野球という注目される場所があるからこそ、WBCで活躍したり、大リーグで世界と戦える選手が育っていくのであって、その"注目される場所"が無くなってしまったスポーツはどうなるでしょうか?

前回の更新でも言いましたが、4月には吉田秀彦の引退興業アストラが開催されます
「偉大な選手の引退を、自分たちだけでやりたい」という気持ちは大いに応援したいと思います。

ただこれがもし、継続興業となるのであれば話は別です。
なぜならアストラは"吉田引退"が最大にして唯一の目的であり、それ以外には何の将来像も、コンセプトも無いのですから

各団体「仲が悪いわけではない」のなら、今年こそは基盤のしっかりとした"日本唯一のメジャー団体"を作って行くべきではないでしょうか?

自分たちのMMAの価値観、将来性を客に押し付け、権利を取り合っている今の状況こそ、日本の総合格闘技の将来を奪っている事に気づいてくれることを期待したいです。

単発興業?

・吉田引退興業ーアルトラー 4月25日開催決定!!

J-ROCKが自主興行開催へ

吉田道場総出場といった所だが、瀧本、小見川、中村に次ぐ選手がDEEP下レベルの長倉と選手集めに苦労していそうな台所事情がうかがえる。

気になる吉田の相手だが…
個人的には一人、最悪もう一人しかいないと思っている。

自主興行、単発(今の所)とはいえ、場所は日本武道館

戦極で観客動員の厳しさを嫌というほど見ている國保さんとしても人気で、活今まで吉田が絡む事の無かった、そして引退試合として相応しい相手にしなければいけないという事は分かっているはず

あとはDREAMとの協力を得られるか?という事になるが、どうなるのだろうか…


・パンクラス 近藤が暫定王者を防衛、同門対決へ

若手で実力者の佐藤を破り近藤、次戦はタイトルマッチに
タイトルホルダーは同じくパンクラスismの金井ため同門対決へ

ism同士の対戦は実に8年ぶり。
というのも凄いが、それにismの顔というべき近藤が絡むというのが興味深い

思えばコロシアム2000からずっとismのために戦ってきた近藤、ここで金井が勝てば、時代を変える事になるしその役目も終える事になる

本人は口にしていないが、"負ければ引退"という事もひょっとしたら考えているんじゃないだろうか?

改名第一陣

・3/2SRC対戦カード第一弾

【ミドル級タイトルマッチ】
ジョルジ・サンチアゴ
マメッド・ハリドヴ

星野勇二
ウィルソン・ヘイス

大澤茂樹
カン・ギョンホ


ミドル級タイトルマッチは必然的な流れか
前回はハリドヴのナチュラルでの強さが目立ったけど、今回はサンチアゴが徹底的に勝ちに徹する試合をしそう。
キャラでは無く強さが売りで、UFC参戦も視野に入れているサンチアゴにとっては2連敗はあまりに痛い

星野×ヘイスは凄く良いカードだけど、ケージフォースあたりが組むカードでは?
「これがSRCの本戦です」と言われると一層興業に地味な印象が出てきてしまう。特に星野が前回完敗しているわけだし

大澤も同様。
前回完全に底を見せてしまった様な気がするし、ここで(しかも本戦)でいきなり復帰は時期尚早では?

特にSRCは修斗、パンクラスに根強いパイプがあるのだから、こういった選手の復帰戦は中小規模団体のスーパーファイトとして絡めて行った方が刺激がありそう

ちなみにギョンホは、昨年のDEEPで山本篤に判定負けした選手。
ただ篤って噛ませ犬でも強豪でも結構グダグダの試合をするから、正直実力がどの程度なのかは全く分からないww


参戦の噂があったサンドロより星野のカードの方が早く発表されるとは意外。
参戦が無くなったなんてことは無いよね??

あとはSRCとしては何とか売り出したい真騎士だけど、廣田、横田がケガ、北岡が休業(今後SRCに出るかも怪しい)し、相手が光岡くらいしかいない

万が一、石井、三崎が出ないとなると第十陣以上に地味な興業となりそうだが果たして…

Appendix

プロフィール

ポンデポッポ

Author:ポンデポッポ
最後の昭和生まれ(♂)
格闘技オタクを豪語するが、その歴史は浅い。
座右の名は、
「夢の中ならPRIDEファイター」
ブログにコメントが入ると大変喜びます。。

各ご連絡はこちらへ↓↓
kakutupoppo@hotmail.co.jp

mixiやってます!!
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=4667903

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Appendix

お知らせ

にほんブログ村 格闘技ブログへ


・2/14
ブログ開設3周年を向かえました!!

     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
DREAM

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。