Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初のケージマッチ

・DREAM.12 2カード決定

エディ・アルバレス
菊野克紀

弘中邦佳
パーキー


初のケージマッチのなる12の対戦カードが発表

ベラトールに参戦して戦線を離脱していたアルバレスがDREAM復帰
ジダをまさかのKO葬した無敗の菊野が挑む

アルバレスはジダとは違いレスリング技術もある。
ケージの使い方も上手いだろうし、流石に今度こそ絶望的かも
ただこれ万が一菊野が勝っても、次のタイトル挑戦は川尻がやることになるのか?
川尻はアルバレスに負けてるのに
それもどうなんだろ・・・

ケージフォースライト級王者になったばかりの弘中も参戦
相手のパーキーもDEEPで4連勝(しかも快勝ばかり)と絶好調の選手

でも弘中のフィジカルを考えるとパーキーの良い所が完全に潰されてしまうんじゃ…

しかし写真の弘中。ナチュラル80キロの菊野よりもデカイとは…
ライト級としてはありえんwww

煽りVで匂わせていた田村×ザロムスキーの発表はナシ
11の会場で発表の可能性もあるか?

ファイナル8

・K-1 WGPファイナル8組み合わせ決定

(1)ルスラン・カラエフ ×バダ・ハリ
(2)アリスター・オーフレイム × エヴェルトン・テイシェイラ

(3)ジェロム・レ・バンナ ×セーム・シュルト
(4)エロール・ジマーマン × レミー・ボンヤスキー


この組み合わせで12月5日横浜アリーナで決勝戦を行う事に

ファイナル16では新人が大量にいた感じがしたけど、結局いつものメンツに(笑)

MMA代表(?)アリスターの相手はテイシェイラに
テイシェイラは前回の戦いを見るに、ちょっと伸び悩み?
アリスターのパワーに潰されそう

一回りデカくなって帰ってきたバタハリに対するカラエフも準決勝進出は絶望的か?

バンナはもう全盛期の力が無いし、レミーも大きな相手は苦手。
この組み合わせだとシュルトはかなり高確率で決勝に上がってきそう

暗黒時代復活となるか?

なお前回の地上波放送の平均視聴率は13.2%とのこと

フェザー級2大カード

・戦極第11陣、カード決定

(23日発表)
小見川 道大
日沖 発

(24日発表)
星野 勇二
マルロン・サンドロ


タイトル挑戦者決定戦として小見川×日沖が発表

前回はまさかのサンドロ撃破をやってのけた小見川。
崩しやTDへの耐久はかなりあるだろうし、これらを駆使して戦っている日沖にはかなりシビアな試合になりそう
ただ、打撃戦となればリーチ差で小見川が何もできなくなる可能性もある
まぁ確実に組みついてくるだろうけど

フェザー級GP開戦前から参戦の噂があったケージフォース王者星野が少し遅れて参戦
何気にここまでトップファイターと数多く戦うも無敗
ただ、いきなりサンドロとはかなりキツイ
特にサンドロはGP後、すぐにでも試合ができるようにずっと調整をしてきている(第10陣参戦の噂もあった)
これに勝利すれば大晦日以降の次期タイトル挑戦者決定戦には確実に呼ばれることになるが…
いきなりトップ戦線殴りこみといけるか!?

第10陣のカードとは打って変わって勝負論のある好カード
ランデルマン×モー等の噂もあるし、面白いカードが並びそう

10陣短評

○真騎士vs×山田
山田のグラップリングに動きにさらに磨きがかかっていたのが印象的だった
あとは"極める"力を何とか付けて欲しい。
真騎士は相変わらずの驚異的なパワー。でもやはりあわや一本負けと言うシーンも多かった
今後はトップレベルのグラップラーとの対戦は避けて通れないだろうし、このままでは戦極のベルト獲得は危うい

○ドークセンvs×佐藤
ドークセンのパンチスピードが第6陣の頃と比べて上がっていた
サンチアゴ戦は厳しいだろうけど、ようやく戦極ミドルにサンチ以外の定番外人が出てきた
佐藤は構え、動き、タックルまで全て動きが桜庭そのものww
しかしコピーファイターは限界が見えている(ファビオしかり)
世界レベルとの対戦は今回が初めてだろうし、この試合を気にファイトスタイルからガラッと変えてしまうのはどうだろうか?

○ホーンバックルvs×Nトンプソン
世界的に無名の選手がトンプソンに勝ってしまったのだからコレは率直に凄い!!
ウェルターであの長身も驚異。あとはテイクダウン耐性が本当にあるのかどうかだけだ
ファンサービスの良さも○

○ファビオvs×川村
やはりシュートボクセ勢のテンカオは強烈すぎる。アレ一つあるだけでグッと試合が有利に進められる
ファビオ、やはりまだまだウェイトに余裕がある(第一HEROSには85で出ていたし)
次は是非、ミドルでドークセン、ハバトゥルザダあたりとやって欲しい
川村も同様、やはりこの階級では厳しい

○横田vs×シュルツ
まさかのKO勝ち(笑)
これで挑戦者に大手か?
シュルツは変則的な打撃んは悉くKO負けしているのを見ると、打撃一辺倒で行くのは実はあまり向いていないのでは?

○瀧本vs×ソジェン
ソジェンは瀧本が五輪決勝で当たった選手の弟子だったらしい
それを最初から言えよwww
結果は判定となったけど、絶対に負けられない試合でこう慎重になってしまうのは仕方無い
とはいえグラウンドでの極め技の無さも目立った。
次回の試合では弁慶戦のような鋭いグラウンド技術が出ることを期待したい

○Aシウバvs×ジムヨーク
まぁこれは文句の付け所が無い完勝
ヘビー級は実質、シウバとジョシュの2強だし、早くベルトを作ってしまった方が良いのでは?
何気に回を重ねるごとに良くなって来ているジムヨークの打撃にも期待したい

○ナンセンvs×泉
完全な調整期間不足
とは言え打撃スキルが意外とある事が分かった。まぁ相手の打撃レベルが分からないから何とも言えないがwww
ただ今日の瀧本なんかを見ると仮にグラウンドに行っても極めるバリエーションが少なそう
次の試合までに色んなところに出稽古してレベルアップして欲しい


個人的なベストバウトは横田×シュルツ
下馬評に対してかなり良い興業でした

第10陣予想

○真騎士
×山田 哲也
(2R TKO)

山田はとにかく果敢にグラウンドで攻めるだろうけど、流石に真騎士も分かっているだろうしグラウンドに付き合いそうにない
ブレイク後のスタンドで一気に攻めて勝負をきめそう

○佐藤 豪則
×ジョー・ドークセン
(判定3-0)

前回の戦極での試合が期待外れだった感がある

×ニック・トンプソン
○ダン・ホーンバックル
(2R KO)

ようやくウェルター級の本命が参戦も、トンプソンはコスタ戦のように早く変則的な打撃には対応できないかもしれない
ホーンバックルはその条件を満たしているし、意外とKO勝利があるかも

○川村 亮
×ファビオ・シウバ
(判定)

ともにキングモーには完敗している同士。
殴り合いだからどうなるかは分からないけど、スタミナ的に有利な川村は普通に戦えば判定で勝てるのでは?
ともにまだまだウエイトに余裕がありそうだし、この試合の敗者ミドル級に下げて復帰して欲しい

○横田 一則
×ライアン・シュルツ
(判定)

この勝者が11月に光岡とベルト挑戦者決定戦をやるという話がある
だとすれば横田からすればあまりダメージの残る展開は避けたいだろう
戦極では一勝もできていないシュルツ。
今はライト級外人の層が薄いため参戦できている所があるけど、この試合を落とせばさすがに次は無いかも

○瀧本 誠
×イ・ジェソン
(1R 腕ひしぎ)

郷野が散った今、唯一残ったウェルター級日本人となった瀧本
このレベルには負けられない

○アントニオ・シウバ
×BIG・ジムヨーク
(1R KO)

ジムヨークはトンプソンに勝ったとはいえ、中尾には完敗している。
内容的には褒めれるものでは無かったし…
シウバが若干打たれ弱い部分があるのが気になるけど、余程の事が無いかぎりKO勝ちは堅い

○泉 浩
×アンズ・”ノトリアス”・ナンセン
(1R 裸締め)

ナンセン写真で見ると意外と細い?
泉の不安要素はやはり低い身長からくるリーチ差。下手に打撃でいかなきゃ良いが…
逆に組みつけば100%勝てる
ナンセンのキックジムでこのレベルの対策をしているとは思えないので、無難にグラウンドで一本か?


今回も会場には行きます

引退…なのか?

・UFC ミルコ惨敗…ビクトーがKO勝ち

と言う事でミルコの動画


ヒザの手術は成功し、体のどこにもテーピングやサポーターが無いことを見るとかなり体調は良かったところが見える

しかし攻撃に思いきりが無くなり、蹴りのモーションもでかくて当たらない
そして間合いをコントロールされると何もできなくなてしまう

最後は口頭でのギブアップ
ゴンザカにKO負け、コンゴに完封負けを喫する以上に残酷な結果になってしまった…

今まで幾度となく這い上がってきたミルコとは言え、体が着いてきていない以上もう厳しいでしょう
本人も口にするようにこのまま引退となってしまうのだろうか…

救世主なのか?

・DREAM.11 追加カード

川尻達也
メルカ・バラクーダ

ソクジュ
ボブ・サップ


川尻が出場
相手はあのタイソン・グリフィンとも対戦歴のありBJペンのスパーリングパートナー(って前回のもそうじゃ無かったっけ?w)バラクーダ
と言ってもこの人06年以降の戦績が無いけど、丸3年も試合してないのだろうか…
中村が9で石田に勝っていれば川尻×中村が組めたんだけどなぁ・・・

川尻にとってはMMA復帰戦&タイトルマッチまで秒読みと言う所での、全く無名の選手との対戦
かなりプレッシャーが掛かってくる試合だろうけど、何とか良い結果を残して欲しい

そしてゲガールの代役はサップに
サップはこの翌日キックの試合が組まれているんだが…さすがにそっちはキャンセルか?
一回戦の両者の戦いを見ると、サップが勝つ姿が想像できないが…

万が一サップが勝って、ホンマン×ミノワでミノワが勝つと決勝戦が1回戦と同じ組み合わせになるんだけど大丈夫なのか?ww

またJZがヒザの故障で欠場。
手術で完全に治したはずのケガをまたぶり返してしまったか…
選手生命に影響が出そうだし心配

また引退へ

・バリジャパ09 1カード決定!

リオン武
アレッシャンドリ・フランガ・ノゲイラ


元修斗王者対決が発表。

まぁ下手に無名(日本ファンにとってはという意味で)の強豪を当てるより、馴染み深い選手なだけに良さそうなマッチメイク

ただリオンにとっては凄くおいしくない試合ではある

ペケーニョはWECでKO負けして以来1年ぶりの復帰戦。
その前からずっと間隔をほぼ1年ごとで試合をしているのには何にか理由があるのだろうか?

その他、ルミナ&五味も出場。
この二人に関しては結構相手に困りそうだけど…

そして北岡出場か!?という噂もあったけれど、戦極第12陣(11月7日)のポスターに北岡を発見。
ニューイヤーイベントにも出場させるみたいだし、コッチに出ることは無さそうか?


・10/26 K-1MAXにて武田が引退試合

魔裟斗、武蔵に続き武田幸三も今年限りで引退。
相手はベスト8でペトロシアンに負けたクラウスに

技術はさる事ながらガラスの顎を持つ武田にとってはちょっと相性の悪い相手

ずっと生涯現役を口にしていた男が決意した最後の舞台。果たして有終の美を飾れるか?

7月にKIDをKOで倒したチョン・ジェヒと問題児渡辺という中々面白そうな一戦もある

尚、自演乙もNJKFのオファーを蹴りコチラで復帰戦を行うことに。
無名の中国人との対戦。これは落とせない

ニューイヤーイベント

・戦極ニューイヤーイベント 1カード決定

吉田 秀彦
石井 慧


石井のデビュー戦の相手は吉田に。

まぁ刺激と言う意味ではあまり無いかもしれないけど、注目度としては100点満点でしょう
サプライズで藤田と言うのも少し期待したけど(笑)

両者とも打撃での戦いを示唆しているけど、吉田の試合で陥り易いヘンテコ打撃合戦になる事だけは避けて欲しい

このイベント日程は大みそかに有明コロシアム、1月3日にスーパーアリーナの二つに絞られたみたい。

大晦日に有明と言えば、去年の大晦日はK-1が有明、たまアリでやれんのかを開催する案が出たが結局流れた経緯がある。

ただでさえ少なくなった格闘技ファンを近場で分散させることはなるべく避けた方が良いと思うけど…

そして戦極が名前変更を示唆?

世界に配信していくために新たなステージ名を考えているとのこと

ニューイヤーイベントの名称を変更すると言うとこの様に取れるけど、これってイベント名を変更するわけではないよね?

すでに3つ配っているベルトにでっかく「SENGOKU」と書いてあるし、別に目立った障害(権利的な意味で)も無いならあんまり変えるべきじゃないと思うんだけど…

それこそ、DREAMや他の団体と合体して新たなイベントとして生まれ変わるという経緯なら別だけど

"重大発表"はナシ

・DREAM.11 3試合が決定!!

ミノワマン
チェ・ホンマン

ソクジュ
TBA

中村大介
J.Z.カルバン


ハルクの組み合わせは噂通り

サップを撃破したミノワにはさらにデカイ難題が…
ホンマンをテイクダウンするのはかなり困難だろうし、ちょっと絶望的か?

ゲガールがヒョードルとのエキシビジョンマッチで投げられた際に肩を負傷したためハルクトーナメントを欠場。
そういえばあの試合、かなり豪快に投げられていた
代役は普通に考えれば一回戦で戦ったハントだろうけど…
果たしてどうなる?

そして一番の驚きは中村×カルバン
これは予想だにしなかったカード。
青木、川尻といわゆる強豪とばかり闘っていたカルバンだけど、ここにきて等身大の査定試合が組まれた
それだけ完全復帰を期待されていると言う子ことだろう

中村はパンチと腕十字に関しては一流だけど、石田戦を見ても分かる通りそれらを完封されてしまえば勝ち目の無くなってしまう選手
オールラウンダーのカルバンを前にしっかり進化した部分を見せたい

違いました

・高瀬×マッハ抗争が激化?

男祭りでの両者の直接対決にて
2R序盤にマッハの右手からコインの様なものが落ちているシーンがあり、高瀬が今日付けのブログで「コイン握ってるじゃねぇか!」と激怒
(該当記事は「マッハを桜井と呼び捨てにしてしまった」として削除済み)

その映像がコチラ


この映像だけだと、確かに小さなコイン(外国のもの?)の様なものが落ちたような気がしないでもないが…

男祭2003のDVDは自分も持っているので確認してみました。

すると、1Rに右手前腕部分に貼られていたエレキバンのようなものが、このシーンの直後には無くなっているのが確認できた

貼られていた物と落ちた物体とはほぼ同じ大きさ。
しかもこのシーンでは、マッハの右手前腕部が何度も高瀬の腕に擦れているため、別に剥がれていてもおかしくない。

つまり普通に考えればチタンテープだったと言う結論が妥当でしょう

高瀬もDVDを見たんだからすぐにでも分かると思うんだけど

実はこの話、某掲示板でちょっと前にも少し話題になっていたけど、結局チタンテープと言う事でほぼ話がまとまっていた

しかし、なぜこのタイミングで突然この話題を本人から切り出したのだろうか…?

試合映像なら試合後にいくらでも見ているだろうし(特に個人的な思い入れのある選手との試合なら尚更のはず)、もし他人の意見に流されてこの様な発言をしてしまったのなら大問題

”可愛がられていない”原因を自分でしっかり見つめ直さない限り出世は無いだろうし、個人的な意見を言ってしまえばこの様な選手を安易に大舞台に上げて他の選手より高額なファイトマネーを与えるという事はして欲しくない

あの人が整形!?

・廣田がケージフォースライト級王者のタイトルを返上

戦極一本に絞ると言う事だろうか?
さすがに戦極王者が半年に一回防衛戦をしつつ、ディファ有明でも定期的に試合をしなければいけないとなると厳しいか

そして以前書いた12日に行われる弘中×児山がそのままタイトルマッチに格上げされる形に

う~ん
最近は中規模興業のタイトルを取れば即メジャー行きというのが定説になってきてるし、この勝者もすぐメジャーに行ってしまいそうだが…


・ヴァンダレイ・シウバが整形手術

一部で話題のこのネタ

ちなみの整形後のヴァンダレイはコチラ↓

たしかにちょっと変わっている!!

まぁ整形と言っても別にカッコよくなるためにやったのでは無くて(笑)

無差別級GPのミルコ戦で鼻が曲がってしまい、それ以来呼吸がしずらい状態だった
さらに目の周辺も最近はかなり切れやすくなっていたため、各所の骨を削ったんだとか

おかげで体調はバッチリとの事。

復帰戦ではさらにキレの良いヴァンダレイが見れそうか??

因果律

・9・12ケージフォース全カードが決定

注目は何と言ってもライト級、弘中×児山の一戦

ここ最近は格上相手にKO勝ちしたりと登り調子の児山と、ライト級に階級を落としてからさらに進化を遂げた弘中

勝った方がタイトル挑戦orメジャー団体参戦と言う流れは必然的でしょう

もしかしたらUFCも有り得る?

その他も4つのプレリミナリーファイトとヴァルキリー提供試合1つを合わせて全11試合に
本戦には何気にマッハ道場所属の選手が多い

そしてそのマッハが大変な事に

・マッハ、遂に因果律に巻き込まれる

高瀬大樹のブログによるマッハへの一方的な戦線布告がヒートアップする中、マッハが自身のブログで遂に返答

と言っても挑発する事もなく至って普通の大人の返答だったわけだけど。

最近の高瀬は大人になったとか更正した言う割には、逆ギレしたり横暴な言葉を使ったりと何だか自分で自分の事が客観的に見れて無い様子

ブログの内容も、下手すりゃ荒らしにしか見えないし(笑)

元々DREAM参戦も可能性が薄いっぽかったし、ブログが好調だった2~3月前ならまだしも、飽きられてきてしまっている今ではもう可能性は無いでしょう。

自分にはその実力がある!と言うのなら本当にMMAの試合だったのかも怪しいMr.Xとなんか戦わずに、ケージフォースで同階級と戦ってアピールすれば良いのに…

結局出場

・K-1 WORLD GP一回戦のカードが決定!!

サキ欠場により4枠になった推薦枠は、アリスター、マヌーフ、グラウベ、武蔵

結局出ることになった武蔵。
相手のバンナも劣化しているとは言え、まだまだベスト8に食い込んでくるパワーは持っている
この一戦で引退になってしまうか??

そしてDREAMからはアリスター、マヌーフが出場
これで二人ともDREAM.11、12への出場は消えた?
まぁマヌーフの場合インターバル2週間とかで平気で試合するから断定はできないがww

アリスターはSFでも良いからMMAの方の試合をして欲しかったが…
一人加わっただけで、トーナメントの緊張感と期待感がグッと高まったのも事実
是非ベスト8に残って欲しい!

カードの方もまぁまぁ良いと思うけど、去年のシュルト×アーツ、その前のハリ×ホンマンのような核になるカードが欲しかった
レミー×マヌーフがメインか?

ってかネット人気投票の結果、総投票数が去年と比べて2ケタ程も多いんだが…
今年何があったんだ?

Appendix

プロフィール

ポンデポッポ

Author:ポンデポッポ
最後の昭和生まれ(♂)
格闘技オタクを豪語するが、その歴史は浅い。
座右の名は、
「夢の中ならPRIDEファイター」
ブログにコメントが入ると大変喜びます。。

各ご連絡はこちらへ↓↓
kakutupoppo@hotmail.co.jp

mixiやってます!!
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=4667903

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Appendix

お知らせ

にほんブログ村 格闘技ブログへ


・2/14
ブログ開設3周年を向かえました!!

     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
DREAM

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。