Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遂に決定!!

・ヒョードルの対戦相手が正式決定!!

相手はアンドレイ・アルロフスキーを秒殺したのが記憶に新しいブレッド・ロジャース

そういえばアフリクションの時も代役の中に名前があったなぁ
あの時はギャラが不服でロジャースが辞退したそうだが

リコ・ロドリゲスとか噂になっているような選手でなくて良かった(笑)

ロジャースは荒いながらここまでのMMA戦績は全KO勝利。
何か起こしてくれそうな選手ではあるが…

グラウンドでの能力は未知数、テイクダウン耐久はあまり無いし、すぐにヒョードルが上になって秒殺という展開も十分過ぎるほど考えられる

なお日程や開催場所は11月上旬が有力としながらもまだ不明とのこと


・戦極 第10陣追加カード

アントニオ・シウバ
BIG・ジム・ヨーク

泉 浩
アンズ"ノトリアス"ナンセン

瀧本 誠
イ・ジェソン


Aシウバの相手はヨークに
ヨークはTUF参戦と聞いていたけど、ダメになったのか?
ちょっとレベルに差がありすぎる気がする
と言うかAシウバがここでこのレベルに負けてしまうようだと、戦極ヘビー級は御先真っくらになってしまうが…

泉の相手はこれがMMAデビュー戦のサモア人キックボクサー
どうやら本当に対戦相手探しには苦戦してそうだww
そういえば泉に勝って五輪で金メダルを取った因縁の相手ズラブ・ズビャダウリは戦極参戦予定選手の一人だけど、コッチは間に合わなかったのだろうか?
実現していれば文句なしでメーンだったと思うのだが…

瀧本はこれが王座査定試合だそうだけど、査定試合で露骨なかませ犬を当てる意味が分からない
万が一韓国人の方が勝ってしまったらどうするつもりなんだろうか?

査定と言うくらいなんだから出場する気が満満だったモンテイロとか最低でも少しは実績のある選手を当てないと話にならない


ハッキリ言って3つとも全く魅力を感じないマッチメイク(笑)

ケージフォースやDEEPの方が全然良いカードを組める気がする
「石井参戦で盛り上がる」と言っても首脳陣がこうではどうしようもないような…

また一人

・武蔵年内引退。最後のGP出場を志願

近年はあきらかに体もだれて来ていたし、ダイナマイトではK-1初挑戦&階級下のゲガールに完敗
年齢的にも肉体的にも懸命な判断でしょう。

お疲れ様です

ただ、3枠しかないGP推薦枠を今年一度も試合をしてない武蔵に使うのもどうかと思うが…

まぁK-1ことだから出すんだろうけど、武蔵vs京太郎とか変なマッチメークでは無くて対シュルトとか他カードとレベルの釣り合ったマッチメークをして欲しい
特にシュルトとは因縁(?)があるだけに

そういえば今年のGP開幕戦は韓国での開催なのに、韓国人が一人もエントリーしてないのか!

一番可能性の有るホンマンは人気投票が上位でもハルクトーナメントがあるから出場は不可能だし、客入りは大丈夫なのか??


・ボクシング、内藤×亀田興が決定的

時期を逃してしまった感はあるけど、両者の知名度を考えればこれ以上無い程のビッグマッチ
実力がどうとかは置いといて(笑)

一度決まりかけてオジャンになっているカードなだけに、日時、場所が正式決定するまではまだまだ気が抜けないが

最近のTBSのやり方からして、大晦日に開催してダイナマイトと抱き合わせ放送をしてくる事も十分ありうるか?

UFCとSFから

・UFCでLYOTOvsショーグンが正式発表

前に一回書いたような気がするけど、今回正式決定に

ショーグンにはかなり唐突に大きなチャンスが巡ってきたことになるけど、リデル戦以外お世辞にも良い試合と言えないような試合ばかりだったし、負ければ一気にリリースの危機が訪れることになる。

仮にLYOTOが負ければ仇打ちでアンデウソンがライトヘビーに来る可能性もあるか?

UFC104はその他のカードとして岡見vsチェール・ソネン、ロズウェルvsバラスケス等のカードが組まれている。

ちなみに現地時間10月24日(日本では25日)はDREAM.12の開催日


・レイ・セフォー、ストライクフォース参戦決定!

レイ・セフォーが9・25のSFで約4年ぶりのMMAルールに挑戦

前回はHEROSでのご存じキム・ミンス戦。
圧勝はしたものの、K-1 WORLD GP前と言う事も有り試合前から「寝技の練習は一切していない」と言っていけど、今回はエクストリームクートゥアーで十分トレーニングしてからの挑戦

歳が気になるけど、適応能力もまぁまぁありそうだったし、期待できるか?

相手はケビン・ジョーダンと言う選手

ここで良い結果が残せれば、大晦日にMMAでの試合とかも組まれそう

ちなみに現地時間9月25日(日本では26日)は戦極第10陣の開催される日。

DEEP&S-cup

・DEEP 今成防衛、三島敗退、長南は判定勝ち

タイトルマッチはイマナー、大塚がそれぞれ完封して勝利

大塚はDREAMより戦極の方が見たいマッチメイクがあるから是非交流して欲しいんだけど・・・
厳しいだろうなぁ

三島はこれで完全にメジャーへの道が断たれてしまった
引退してしまうのだろうか…

長南は受太郎に判定勝ち
ただ受太郎は今ではライト級の選手だし最近は戦績も良くない、ここはKOで勝たなければいけない所だった。

DREAM、戦極両方からオファーが来てるとの事だけど、これだとザロム、人間ユンボどっちの回転力にも対応できなそうだし、しばらくはDEEPにいてもらった方が良いのでは?

ただディアスのDREAM参戦の時の相手になら、長南の無駄に高いネームバリューも生かせて丁度良いかもww
ボコボコにされそうだが(笑)


・Girl’S S-cup 2009 初代女王はRENA

同日開催(噂ではDEEPと掛け持ちでの観戦が結構いたらしい)のGirls S-cup

注目されていたRENAが優勝!
K-1にもすでに参戦済みだし、女子版K-1(口だけで開催するかは一切不明だがw)では名実ともにエースとして扱われそう

しかし、それにしてもこのベルト…
安っぽいと言うかペラペラ。

ベルトってデザインよりも一番見ている側にも重みが伝わるような重量感が一番重要だと思うんだけどなぁ・・・・

意味深なPV

・全日本キック解体、新会社設立へ

前会長逮捕を受けて解散。
マッチメイカー等で活躍していた宮田氏を新会長として新会社を立ち上げるとの事

興業名はどうなるのだろうか?
会社名だけ変えて、団体名は全日本キックのままでも良いと思うけど…


・DREAM.12 宣伝PV公開

新しい戦う場所
バイオレンス
実験
天覧試合

等と言う言葉と共に、六角形の設計図の様なものが写っているが…

選手としては、桜庭、ナカハラ、菊野、アリスター、アルバレスが登場
ほぼ噂通りのメンツだけど、アルバレスはベラトールとの契約が残っているのでは?
大丈夫だったのか?それともまさかの提携も有り得るのだろうか??

ちなみに会場は大阪城ホールです

地味ながら中々

・戦極第10陣 3カード追加

川村 亮
ファビオ・シウバ

佐藤 豪則
ジョー・ドークセン

ニック・トンプソン
ダン・ホーンバックル


川村×ファビオの再戦が決定。
お互いモーに負けた同士で且レスリング面でちょっと不安が残る
それ故にスタンドとなればほぼ互角だし、結構面白い試合になるかも
ファビオはこの試合で負けたらいい加減ミドルに落として欲しいものだが…

桜庭の弟子で前回パンクラスで竹内に大善戦した佐藤も参戦。
てっきりDREAMに上がるものかと思っていた
ドークセンは竹内に勝っているし、この試合に勝てば前回の試合のドローもしっかり撤回できる
ただこれに勝っただけで、いきなりタイトルマッチとかはやめてくれよ?ww

トンプソンとホーンバックルはまさかここで組んでくるとは思わなかった。
両者ともに戦極ウェルターではこれ以上無い実力だし、タイトルマッチで良いのでは?
それとも、このレベル以上の選手を連れて来れるツテでもあるのだろうか…??


・韓国FMC旗揚げでズンドコ発生

キム・ジョンマン×中村“アイアン”浩士等、好カードが多く組まれていて、今後はイワノフやアレキサンダーの参戦、ボブチャンチンの復帰戦等を行う事が噂されていたFMC。

その注目の旗揚げ戦はナント10試合中7試合が中止になると言う前代未聞の展開に

さらに行われた3試合も全て日本人選手が韓国人選手に勝利。
どうやら放送予定だった地上波放送もおじゃんになってしまった様子

前日計量で誤差が発生したり、直前のルール変更があったり、さらには和術の選手への恐喝紛いの事件が起きたりともう散々

韓国はドンヒョン、チャンソンみたいに本当に良い選手が育ってきてるのに、どうしてこうなってしまうのだろうか…

この分じゃ、主催者が目標とするメジャー団体への昇格は絶望的だろうなぁ

笑わない24歳

・ストライクフォース、石田敗北、ゲガール圧勝

ライトヘビー転向一戦目にして、非UFC系最強の称号を手にしてしまったムサシ
あと相手になりっそうなのは戦極のホジェリオやモー、復帰するアローナくらいだろうか

ハルクTの意味合いも、ただのゲガールのヘビー級調整試合になってしまいそう

今すぐにでも本格的にヘビー級に上げるか、UFCにいくかしか選択肢が無くなってしまったが果たして…

そして石田に完勝したメレンデスがDREAM出場を熱望

今この発言が出たと言う事は時期的にもD.12あたりで菊野×メレンデスとかが組まれそう

その他ファブリシオが元チームクロコップでもあるカイルに完勝
ヒョードルのSFデビューの相手にはリコやらブエンテロやらの名前が挙がってるけど、普通にファブで良いのでは無いだろうか??


・青木&自演乙が完敗!? ガチムチ兄貴と公開パンツレスリング

なにかと話題の兄貴
DREAM、ハッスル参戦を熱望した模様。

ネタにも取れるけど…
明らかなコマ不足とストーリーが完結。
HGもゲガで欠場中で話題が欲しいハッスルにとっては、ネットで話題にもなるだろうし、参戦となればニコニコ生放送とかで露出する事も可能
かなり良いプランなのでは?

ただコレFEG系列イベントだけど、FEGとハッスルの連携ってあるのかなぁ?

育成選手凱旋

・戦極 第10陣1カード追加

真騎士
山田 哲也


先日まさかのパンクラスタイトルを奪還(何気に吉田道場生としては初の快挙)をした真騎士が参戦

山田はとにかく打撃が酷かった印象があったから、下手なストライカー相手より真騎士みたいにいきなりテイクダウンに来る選手の方が良いかも?(笑)
パワーで対抗する事は捨ててるだろうし

ただグラップラーの毛利もグラウンドを凌がれてボコボコにされていたし、真騎士有利は揺るがない

ってかパンクラス王者が19歳に負けるとなると、かなり大問題になると思うが…

また、オープニングファイトでは前回のオープニング勝者と韓国のトライアウト選手が対抗戦。
臼田は本戦出場狙ってるっぽいけど、前回は微妙な判定だったし今回は払拭するほどの豪快な勝ちかたをしないと難しいのでは?

そして、メインで出場予定の泉の対戦相手探しはかなり難航しているとの事。

吉田と言う案も挙がっているけど、ここでそれをやってしまうと将来やる石井×吉田のインパクトが薄れちゃうような・・・
ファビオあたりで良いんないでろうか??

不評な2人

ちょっと更新できない状況でした

・DREAM.10追加カード

【ライト級タイトルマッチ】
ヨアキム・ハンセン
青木 真也


いよいよ王者ハンセンが再登場

復帰戦で対青木とと言うのは少し酷だけれど、青木を当てられなくてもどうせ川尻、カルバンあたりをあたりにされていただろうし

青木は前回の試合の内容で大分物議を醸しているけど、さすがにハンセン相手には得意のグラップリング能力に頼るしかない

ハンセンにスタンドで完勝して「ムエタイ最高!」と言えれば、それはそれで称賛されるだろうけど(笑)

なお、DREAM.11開催日には同日に亀田大毅vsデンカオーセンのボクシング世界戦が開催される事が決定

今回もDREAM.9同様に、2大格闘祭りとして放送される可能性が高そう
もう完全に末期症状のTBSにとっては、平均視聴率はまぁまぁ高いスポーツ番組で1%でも多く数字を取りたいのだろう

視聴率の方にも注目


・戦極 10陣 1カード決定

横田 一則
ライアン・シュルツ


試合をするたびに人気が無くなる男、横田がシュルツと対戦

シュルツはネームバリューはあるけど、何気に戦極では1勝もできていない
ここで負ければしばらく干されるかもしれないし負けられない試合になるでしょう

対照的に上り調子の様にも見える横田だけれど、
先日のKrushトーナメントのワンマッチで「川尻とは違う」と意気込んでキックルールに挑戦するも惨敗
試合前のコメントがコメントなだけに相当な赤っ恥をかいたばかり

汚名返上のためにも、この試合はぜひとも打撃を主体にした試合をして欲しい

そうすれば、久々に横田の面白い試合が見れる?

クレイジーロシアン?

・ヒョードル、ストライクフォースと契約!!

3試合契約。額は不明

ストライクフォースはこのブログで何度も言っている通り、常に黒字の堅実経営と全面外交が売りの団体。
そんな所が、破格のファイトマネーを必要とするヒョードルを獲得するとは意外というか何というか

ヒョードルの出る団体は潰れるというジンクスがあるか果たしてストライクフォースは大丈夫だろうか??

ヒョードルの出る大会は、無条件でM-1との共同興業になるという
共同と言うことは興業収入を半分M-1に持っていかれると言う事

M-1+ヒョードル側には只でさえ多額のファイトマネーが入るというのに他に売上の一部の徴収…

bodog、アフリクションとM-1便りだった団体が立て続けに潰れた理由も分かる気がする

相手としてはアリスター等の名前が上がるも、「いきなりタイトルに挑戦させるとは限らない」との事。
ケガで流れたとはいえ初参戦のファブリシオにはタイトルマッチを組んだのに、ヒョードルにはやらせないと言うのはちょっと疑問なんだが・・・・

この件に関して、もちろんダナはご立腹ww
まぁ今回はコレ以上無いと言う程のかなりの好条件で交渉したし、腹が立つのは当然か

第9陣短評

・中尾×ムベ
中尾の判定勝ち
特に見るべきところは何もない。
ってかそもそもこの2人の試合と言う時点で良い試合は予想できないし、こんなカードを組む方が悪い

・日沖×金原
日沖の判定勝ち
日沖が全局面で圧倒していたけど、努涛の攻めにことごとく耐え反撃のチャンスを覗っていた金原も凄い
これぞフェザー級と言う試合だった
今回は棄権になってしまったとはいえ日沖がまだまだ弱点を見せていないのが少々不気味

・小見川×サンドロ
スプリットで小見川の判定勝ち
自分はサンドロ勝利に見えたけど、みんなはどうだろうか?
まぁ試合終盤に展開を作られてしまったと言うのはやはり痛いけど
これまで以上のまさかまさかの番狂わせをやってのけた小見川。打撃も2回戦よりさらに良くっていた気がした
しかし小見川に組みつかれてもビクともしないサンドロって…やはり恐ろしい

・チャンソン×ジャガース
チャンソンが三角で一本勝ち
打撃のキレは流石のチャンソン。今回も打撃で決めるかと思ったら、ナント苦手なはずの寝技で一本勝ち。
これはまだまだ成長が期待できそうだ!
前回はケガで本領発揮できなかったと強調していたジャガース。でもやっぱり大したことなかった(笑)

・光岡×フレンチ
光岡一本勝ち
フレンチは本当にグラップラーなのか??(笑)今回も全く良い所が無かった
光岡は何か消化試合の様な試合が多く組まれてるような気がするけど、そろそろちょっとタイトルが絡むような試合をさせてあげても良いのでは?w

・郷野×ホーンバックル
3Rにバックルのハイキックがモロに入りKO!!
かなり派手な失神。
KOされた郷野は辛うじて瞬きはしているも、体は全く動かずそのまま担架で退場
かなり症状が心配だ・・・・
バックルはスタンドがかなりレベルアップしていた印象
しかし頭一つ抜け出ていると思われていた郷野がまさかの完敗。。
戦極ウェルターは誰がベルトを取るか全く分からない


休憩中に、日沖のドクターストップにより金原が決勝進出と発表
泉の第10陣参戦決定!!
石井は実質、吉田への対戦を表明


・藤田×イワノフ
イワノフの判定勝ち
二人とも2R序盤にはスタミナが切れてグダグダになるという最悪な展開。とてもメジャー団体でやる試合では無かった
その割にイワノフは退場時にはシャドーボクシングをしながら元気に退場。
その元気をもう少しでも試合に使えば、結果も変わっていたのでは??
2人とも今のままではもう見たくない

・三崎×中村
三崎の飛びヒザがヒットし、中村も耐えるもその後フロントチョークで三崎の勝ち
三崎はいつものパフォーマンスもせず、首、体も少し痩せていた。
それだけのコンディションの中でこれほどのビッグインパクトでの勝利は凄いの一言。無期限停止も無くなる?(笑)
中村はコンディション、モチベーションともに最高潮だったにも関わらずの完敗。退場の時もいつも以上に項垂れていたし、今後に響かなければいいが・・・

・金原×小見川
金原の判定勝ちまさかの棚ぼた優勝
小見川は試合開始前から顔面がボロボロ…
金原も準決勝であれだけボコボコにされながらも良く動いた
正直、日沖や大塚に完敗している金原が王者と言われても微妙だけれど、そんな事を感じさせないほどいい試合だった!!!
小見川も今トーナメントMVPと言って良い活躍。今後も確実にベルト戦線に絡んでくるでしょう
戦極のフェザー級は普通にヘビー級なんかよりも面白いなぁ(笑)

・北岡×廣田
廣田がTKO勝利
廣田のテイクダウン対策が見事にはまった形
インターバル中の終始余裕を持った表情からも、こんかいの試合展開は作戦通りか?
逆に北岡はラウンドが進むにつれドンドン表情が険しくなっていて、スタミナが切れていくのが目に見えて分かった
グラウンドで上になった時の攻めてが無いのも問題か?
まぁ明確な課題も見えたし、また這い上がってくるだろう


前半はどうなる事かと思ったけど、後半3試合が神がかっていた

今大会MVPはフェザー級4人全員
優勝した金原、それを圧倒した日沖、魂のこもった戦いを見せた小見川、まだまだ幻想の残るサンドロ
それぞれ本当に良い仕事をしてくれた

第9陣予想

前回DREAMの予想が散々だったので、今回は半分は当てたいなぁ~

○北岡 悟
×廣田 瑞人
(1R アキレス腱固め)

廣田の一発はちょっと見てる側としても期待させられるものがあるけど、修斗よりレフェリーのストップが遅い戦極では、仮に良い一発を入れてもその後すぐに組みつかれるって可能性もある
廣田の様なストライカーが北岡に挑むのであれば、せめてもうちょっと対策の時間があればなぁ…

×三崎 和雄
○中村 和裕
(判定)

三崎のコンディションはどうなのか心配、ちゃんと練習できてるのか??
中村にとっては絶対に負けられない試合だし、普通に考えれば中村の圧勝かも
ってかこういう試合くらいKOで決めて欲しい所ww

○藤田 和之
×ブラゴイ・アレクサンドル・イワノフ
(2R KO)

ブラゴイの実力が分からないからちょと何とも言えないけど
藤田と戦う新人は大抵大したことないので(笑)

○郷野 聡寛
×ダン・ホーンバックル
(判定)

ホーンバックルはパイルに完封された印象しかないから何とも…
郷野は仮にもウェルター級トップ5のフィッチと戦い判定まで持ったんだから、この試合は何としても勝ちたい所

○光岡映二
×クレイ・フレンチ
(1R チョーク)

フレンチ戦績は良いんだけど、良いイメージが一切ない(笑)
グラップラーのわりに北岡、青木にはオールラウンダー以上に簡単に極められてるし、光岡も一本取りそう

○ジョン・チャンソン
×マット・ジャガース
(判定)

ジャガースが一回戦の試合がアレで、相手もサンドロだったしちょっと分からん…
チャンソンは今後に期待できる選手なので、今回の試合もクリアして貰いたい

×小見川 道大
○マルロン・サンドロ
(判定)

サンドロに未だに穴が見当たらない。あるとすれば前回言っていた足の怪我か
小見川のように飛びぬけた技術があって且、変則的な選手だと案外通用するかもしれない

○日沖 発
×金原 正徳
(判定)

金原はスタミナにもちょっと不安残るし、長期戦になれば不利は否めない
とは言っても序盤に仕留めるとも思えないし…
日沖が圧倒しそう

○中尾”KISS”芳広
×チェ・ムベ
(KO)

ムベは今まで組み&打たれ強さで何とか勝負してきたけれど、中尾さんはその両方においてムベを上回っている
ムベにとっては一番やっかいな相手なんじゃないだろうか?


GP優勝は…難しいけどサンドロ60%、日沖40%と言ったところか?
ただ小見川は倒せる可能性のある選手だし、仮に小見川がトーナメントを勝ち上がってくると、日沖にとってはサンドロ以上にやっかいな相手になるかもしれない

Appendix

プロフィール

ポンデポッポ

Author:ポンデポッポ
最後の昭和生まれ(♂)
格闘技オタクを豪語するが、その歴史は浅い。
座右の名は、
「夢の中ならPRIDEファイター」
ブログにコメントが入ると大変喜びます。。

各ご連絡はこちらへ↓↓
kakutupoppo@hotmail.co.jp

mixiやってます!!
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=4667903

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Appendix

お知らせ

にほんブログ村 格闘技ブログへ


・2/14
ブログ開設3周年を向かえました!!

     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
DREAM

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。