Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

500回更新記念!!

ですが、特に特殊な事はできません(笑)

会場には観戦しに行く予定なのですが、翌日に朝早くから自分の試合があるため、当日はもしかしたら更新できないかもしれません…


×シアー・ハバトゥルザダ
○ジョルジ・サンチアゴ
(1R チョーク)

スタンドはほぼ互角。問題はグラウンドだけど、これはサンチアゴが一枚上手か

○中村 和裕
×佐々木 有生
(3R 判定)

スタンドでは中村が一枚上手なのに加え、グラウンドでも中村が一本を取られるという図は想像しにくい。
佐々木にとっては本当にやりにくい相手でしょう
ただ中村は2戦戦えるスタミナを残せるかどうかは問題

○横田 一則
×廣田 瑞人
(3R 判定)

かなり悩んだ結果がコレ
試合運びの上手さで長期戦になれば横田が有利
しかし廣田はここ数戦でかなり成長してきているので、今大会でさらなる覚醒があるかも?

×北岡 悟
○光岡 栄二
(3R 判定)

経験や実力だけを見れば光岡優勢は否めない
だた光岡がスロースターターのため、序盤から攻める北岡が思わぬ勝ち方をする可能性もある

○竹内 出
×ジョー・ドークセン
(3R 判定)

近年ますます自分のペースで試合を運ぶ事が上手くなってきている竹内
内容はともかく(笑)完勝しそう

×ハン・スーファン
○ホルヘ・マスヴィタル
(2R TKO)

五味のプレッシャーの前に終始カウンターに徹し続けたスーファン。
驚異的な打たれ強さを持っているとはいえ、マスヴィタルの回転力の前に同じ戦法は通用しないと思われる

○アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ
×モイス・リンボン
(1R KO)

ストライカーのイメージのリンボンだけど、アブダビに出場しているしグラウンドの防御は悪くないはず
ただ逆スタンドでの打ち合いとなるとホジェリオに分がある

×キング・モー
○ファビオ・シウバ
(2R TKO)

当然の事だけど、モーの実力がまだまだ未知数で予想のしようがない(笑)
単純に考えれば、ビューにKO勝ちできる選手がファビオに負けるとは思えないけど、まだ2戦目だし…

○五味 隆典
×セルゲイ・ゴリアノフ
(1R KO)

素なのか、やらされているのか、やたらと個性的な性格のゴリアノフ
こういうタイプは五味も好きなはず(笑)
まぁここはスカ勝ちしないとタイトルマッチでカッコつかないでしょ?

ミドルGPもライトGPも本当に誰が優勝するか分からない。
ただミドルは中村×シアーとなれば相性的に中村の優勝は堅いし、逆にサンチアゴ相手となればスタミナ的に厳しいかもしれない。

ライトは経験だけで言えば光岡の優勝する可能性が一番高いが…
ぶっちゃけリザーバーにもチャンスがありそうな予感www

あと一回の更新で…

500回目の更新となります。

このまま行けば、おそらく500回目の記事は第6陣の勝利者予想www


・11・24 S-CUPカードが決定!!

シュートボクシングの祭典S-CUP

毎回MMAファイターも多数参加するこのトーナメントに、今回はお馴染みルイス・アゼレードとIFLで活躍していた”ワンダーボーイ”クリス・ホロデスキーが出場

相手はそれぞれシュナイドミラー、宍戸と立ち技の強豪だが、MMAファイターとして舐められるわけにはいかない!!
良い戦いをして欲しい

そしてまだ発表されていない緒方の一回戦の相手も気になるが…
K-1系の選手か?


・戦極 第六陣の試合順が決定

第一試合がリザーブでもワンマッチでも無く、ミドル級GP本戦と言う斬新な試合順に
まぁGPに出場する選手からしてみればこの方が良いし、第一試合を竹内×ドークセンにして会場を初っ端からお葬式にさせるよりはマシか(笑)

休憩はホジェリオ×リンボンの次くらいに入るのだろう。


・ハッスルGP優勝の川田にCDデビューオファーが殺到!!

ハッスルGPで優勝するも、夢であった「CDデビュー」は幻に…

なるはずが、なんとレコード会社計7社からCDデビューのオファーが!!
売り込みどころか、買い手になると言う意外な結果に(笑)

第一何を歌うつもりなのだろうか?

今年は羞恥心なんかがブームになっただけに、インパクトのあるフレーズの入った明るい曲?
無難にハッスルと栃木を絡めたテーマソングか何か?
それともまさかカバーアルバム!?

ここは一つ鼠先輩に対抗して演歌なんてどうでしょうか?(笑)

ズンドコ

・ヒョードルの次戦が正式決定!!

ヒョードルとの独占契約に成功したらしいAfflictionにて、1・24でのアンドレイ・アルロフスキー戦が正式決定

もともとこの興行、ジョシュ×アルロフのメインに10月に行われるはずが売れたチケットはナントたったの300枚(笑)
急遽延期し、この大会に至るわけですが…

やはりアフリはヒョードルだのみか…
Bodogと同じ匂いがプンプンするんだけど大丈夫か?(笑)

他には確かホジェリオ×マティシェンコ師匠が決定していたはずだけど、延期により中止になったのか??

ムサシやリンドランド、ベウフォート絡みのカードも組まれるのであれば凄く興味深い

そして注目は、元々アルロフと対戦する予定だったジョシュ
試合をすると思われた11月の戦極も出ないみたいだし、1・4のニューイヤーイベントにでも出るつもりなのだろうか…?
そうなってくれると嬉しいなぁ…


・次回DEEPで帯谷が復帰!!

今回のDEEP 38IMPACTの会場でアナウンスがあったとか
ほぼ丸2年インタビューは愚か、雑誌で話題すらも出てなかった帯谷

てっきり引退したのかと思っていましたが、この時期に復帰が決定!
王者不在のDEEPライト級戦線には良い追い風が吹くことになるでしょう

それに復帰戦で良い結果が出ればメジャー再出陣もありうる。その場合は戦極か?

とにかく楽しみだ

悪い事はしちゃいかん

・エンセン井上、大麻不法所持で逮捕

日本のMMAファンには知らない人はいないであろうエンセンがナント大麻所持で現行犯逮捕!!
過去にも傷害事件を起していますが、薬物での検挙はもちろん初めて

実は前回の戦極で、自分の落し物をエンセン井上が拾ってくれて、個人的には好感度がアップしていたところだったんですが…

最近ではTHE OUTSIDERでも会場警備に活躍したりしていたし
本当に残念

記事を見ると容取調べにもしっかり応じているし、反省しているようですが…


・エリートXC、活動停止の噂が浮上!?

UFC打倒最有力の言われていたエリート
しかし50億の赤字決算やキンボ絡みの嫌な噂が絶えず、今後が心配されていましたが…

11月8日(ディアス×アルバレスが予定されていた)大会を中止。その後団体自体が活動休止するのでは?と言う噂が急浮上

プロエリートはエリートXCの運営以外にも、KOTC、CAGE RAGE、スピリットMC、ICON等等…
数々のローカル団体を買収しているだけに、これが事実となればMMA界にとってはかなりの衝撃となります

しかしこれが起こってしまうと、アフリクションも今のままでは半年もつのかすら怪しいし、残るは米メジャー団体は唯一黒字経営を続けるストライクフォースのみ

アメリカ格闘技市場はいよいよUFCの一人勝ち状態となりそうです。

復権は近い?

・戦極、隠し玉はホジェリオ!!
全カードが決定。

アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ
モイス・リンボン


日本に馴染みの有る選手とはホジェリオの事だった

PRIDE時代は強さの割に評価、人気ともに微妙と見られていたが、マニア層への人気は最高だった
まさに戦極に相応しい選手(笑)

戦極へ継続参戦するのであれば、間違いなく近い内にベルトを巻く事になるでしょう
最も、PRIDE時代もそう言われていてソクジュに一発喰らってしまった嫌な過去があるがwww

そしてこれにより戦極のライトヘビーは徐々に顔が揃いつつある。

ランデルマン、シャンジ、ファビオ、モーに加えこのホジェリオリンボン
日本人も川村がいる

これに現在独占契約していない、スネークグロバー・ティシェイラ、カカレコ(笑)なんかも加えればすぐにでもベルトを賭けたトーナメントができる

来年一発目、ライトヘビーGPやっちゃいますか?(笑)

大晦日は…

ダイナマイッ!!!

・大晦日、さいたまでDynamite!!開催決定!2部制は無しに

結局興行を一本化する事でまとまったとの事

たしかにさいたまで2部制だと恐らく前半Dynamite、後半やれんのかと言う事になるけど、Dynamiteの終了時間がハッキリしないため、最悪やれんのかの試合中に年越カウントダウンが始まってしまう恐れがあるwwww

MMAファンの中には納得できない人もいるんだろうけど、コレばっかりは仕方ない

まぁ一枚のチケットでDREAM+MAX&ヘビー数試合が見れると思えばかなりお得だが…

一興行に15~20試合は詰め込みすぎ
8時間もあんな所に座ってたら体おかしくなるわ!

いくら熱気のある旧PRIDEファンを巻き込んでの興行だとしても、後半は疲れてお葬式の様なテンションになってしまうのでは?(笑)

会見を見る限りでは塩る可能性の高い山崎や中西、武蔵なんかも出場予定に入ってるし

あとの問題は煽りVか
MMAルールの試合だけ佐藤Dが作るという形になるのかな?
さすがにただでさえカード発表が遅い大晦日興行で、15試合以上もあのクオリティの煽りVを作るとなると佐藤Dが過労死してしまうwww

まだまだ謎の多い大晦日。

果たしてどのようなカードが組まれるのか?
青木×バタハリ、青木×秋山、青木×永田さんは有るのか??
佐藤Dは心身ともに無事に年を越せるのか!?(笑)

今後の発表には目が離せなくなりそうです

一挙6カード!!

個人的には凄く興味深い6カードが決定
こんなに組んで資金は大丈夫?(笑)

・戦極第6陣追加カード (14日発表分)

<ミドル級GP本戦>
中村和裕
佐々木有生

ジョルジ・サンチアゴ
シアー・バハトゥザアダ

<ライト級GPリザーブマッチ>
ハン・スーファン
ホルヘ・マスヴィタル


ミドル級準決勝はナント日本人対決に
佐々木が勝つとなればグラップリングでだが、中村が一本で負ける姿と言うのは想像しにくい。
無難に中村の判定勝ちとなりそうだがはたして…

サンチアゴ×シアーはお互い未だに戦極では自分の実力を十分に発揮できていない感がある
打撃戦となればほぼ互角だろうし、紙一重の勝負になるでしょう
もっとも、サンチアゴが無難に一本勝ちしちゃうような気もしますが(笑)

リザーバーにはシュルツにKO勝ちし文句無しで出場権を獲得したマスヴィタルと、本戦とは距離を置いていたスーファンが激突
どちらが勝っても激戦必死。むしろリザーバーがケガしそうです(笑)


・第6陣追加カード (15日発表分)

<ミドル級GPリザーブマッチ>
竹内出
ジョー・ドークセン

五味隆典
セルゲイ・ゴリアエフ

キング・モー
ファビオ・シウバ


ミドル級GPのリザーバーには竹内とドークセンが抜擢!!
しかしリザーバーには勿体無い実力の両者
ドークセンなんて、本戦に出てれば間違いなく盛り上がったんだけどなぁ…契約が間に合わなかったのか??

五味の相手は無名のロシア人。ZSTに出ていたらしいけど、ここ最近は試合してないみたいだし聞いた覚えが無いなぁ…
DREAMでは、青木かませ相手にしっかり仕事をしただけに、五味もこの試合何としてでも序盤でしっかり仕留めて貰いたい。

モーのMMA2戦目の相手はファビオに
モーの実力を測るのには丁度良い相手では無いでしょうか?
前回の様なゲームプランでは勝てないだろうし、一体どういう試合を見せてくれるのだろうか…?

その他、最近来日していない日本に馴染み深い選手を出場させたいとの事
ジョシュ等、ヘビー級のカードがまだ無い事を考えるとトンプソンあたりの様な気がしますが…

第?回 妄想カードシリーズ

石井の件で話題になった今年の大晦日(まぁ結局実現しないが)

カミプロによると、何やらDynamite!!やれんのか!の2部興行になる事が濃厚らしい

Dynamite!!はいつも通りのカードだろうから良いとして、問題はやれんのか

噂も交えて、自分の予想したカードは以下の通り

桜庭 和志 vs 田村 潔司

青木 真也 vs エディ・アルバレス

ミルコ・クロコップ vs アリスター・オーフレイム

ヨアキム・ハンセン vs J.Z.カルバン

川尻 達也 vs 宇野 薫

秋山 成勲 vs 船木 誠勝

ジェイソン"メイヘム"ミラー vs ゼルグ"弁慶"ガレシック

ミノワマン vs ジミー・アンブリッツ


2部制なら人員的にも時間的にも(あんまり長いと年を越してしまう)多くカードが組めないだろうから、8~9試合くらいか

秋山、ミノワの試合は地上波で確実に流したいだろうから前半(もしかしたらミルコも)

ヒョードルの出場は絶望的でしょう。
第一ジョシュはアフリと戦極、ミルコやアリスターは再戦が先と言う事を考えると相手がいない

でも代わりに桜庭×田村、青木×アルバレスの黄金カードが実現するとなれば客の目も誤魔化せる?(笑)
サクタムなんて今年以降の需要はほぼ0だろうし。もう意地でもやるしかないでしょう

メイヘム×弁慶は個人的に入れたカード
ムサシが独走状態のミドル級、この試合を組んで勝者を次期タイトルマッチ挑戦者にしてみては?

本当にこんなカードなら良いが、近年の大晦日のカードって当初の予想より大分地味になるし、今年はどうなるか…

ニューヒーロー誕生へ

・石井慧がプロ転向へ

ちょくちょくMMA転向をアピールしていた石井。
しかしただのパフォーマンスだと思っていた(おそらく本人も最初はそのつもりだったのでしょう)ので、この結論は意外です

レスリングや柔術等は練習しているそうだから組みとグラウンドは完璧だとして、問題はやはりスタンド
かなり根性はありそうなので殴られて怯むという事は無いだろうが、吉田の様にカッとなって変なパンチでガンガン前に出られても困る(笑)

参戦は大晦日or1・4が濃厚なわけだけど、この数ヶ月でどもまで技術を飲み込めるか?

ヘビーで数試合やった後、いっそ絞ってライトヘビー級に落すのが面白いかも


・キンボ、代役選手にまさかの秒殺負け

新たなヒーロー誕生か?と湧く一方、アメリカンヒーローには何とも無様な結果が

相手のケン・シャムロックが負傷のため当日に試合をキャンセル!

急遽代役として第4試合出場予定だったセス・ペトルゼリが出場、1階級下を相手に開始たったの14秒、まさかのKO負けとなりました

トンプソン戦で、メッキが剥がれかけていたキンボ
ついに完全に化けの皮が剥がれてしまったかたちか

その他主な結果としは、ウェルター級王者シールズがポール・デイリー相手に危なげなく勝利
やはり強い

アルロフもIFL王者ネルソンにKO勝ち。ヒョードルの次戦ははやりこの男か?
ニンジャはベンジー・ラダッチ相手にKO負けとなっています


ついでにこの大会で11月でのアルバレス×ディアス戦が正式発表
アルバレスには大晦日でのビックマッチ実現の噂があるだけに、ここは良い勝ち方を期待したいです

気持ち良く終われない

名勝負続出、魔裟斗優勝で盛り上がるK-1MAXですが、やはりK-1。また問題が浮上ですwww

・魔裟斗vs佐藤の判定でハプニング?

K-1公式ルールによると、
本来判定の得点は、優勢だった選手にかならず10をつけなければいけない

しかし、魔裟斗×佐藤の3R目で2人のジャッジが明らかに9-8という点数をつけている
これはおかしくない?と言う問題


結論から言うとおかしいです(笑)

いくら魔裟斗が後半盛り返し、佐藤が怯んだと言えど公式ルール則ればこのラウンドは10-8と言う点数が妥当なはず。(「ダウンは1回で-2ポイント」と公式ルールに明記されているため)

まぁ個人的な事を言ってしまえば、この試合はドロー&延長で魔裟斗の勝ちで問題無いと思っているのですが(笑)ルールはルール、守らなければいけません

それより何より自分が一番問題だと思うのが、この実態が今回から導入されたオープンスコアリングシステムによって初めて分かったという点

つまりこのシステムが導入されていなかったら気が付かれなかった訳です。

ぶっちゃけ過去にもかなりの数の試合の判定がこんな感じになっているんじゃ…と思わず疑いたくなってしましますwww

早くも角田さんのお馴染み電波発言が飛び出しているようですが(笑)
この問題、FEG陣営はあまり重く受け止めて無いみたいだけど結構重大な問題だと思うんだよなぁ…

Appendix

プロフィール

ポンデポッポ

Author:ポンデポッポ
最後の昭和生まれ(♂)
格闘技オタクを豪語するが、その歴史は浅い。
座右の名は、
「夢の中ならPRIDEファイター」
ブログにコメントが入ると大変喜びます。。

各ご連絡はこちらへ↓↓
kakutupoppo@hotmail.co.jp

mixiやってます!!
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=4667903

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Appendix

お知らせ

にほんブログ村 格闘技ブログへ


・2/14
ブログ開設3周年を向かえました!!

     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
DREAM

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。