FC2ブログ

RIZIN.17 メインイベント考察

7.28 RIZIN.17が迫ってきました。

さいたまスーパーアリーナでの開催としては若干地味なカードながら、
どちらがどのような展開で勝つか分からない
そういったカードが多く用意され、今から当日がとても楽しみです

注目はもちろんメインイベント ライト級GPの出場券をかけた戦いと思われる
矢地vs朝倉です。


試合前からかなりバチバチです。
この試合もかなり予想の難しいカードとなっています。

まず朝倉未来のストロングポイント
何より強烈な打撃。ストレートだけでなくジャブも強烈です。
そして日沖、リオンを沈め、グスタボ戦でも当てていた左キック。劣勢だろうと試合を終わらせる可能性を秘めています。
組みができない選手かといえばそうでは無く、印象的なものは日沖の四つ組(UFCでも強豪選手を幾度となくテイクダウンしました)で、一度テイクダウンされるもすぐに上を取る。という動きを見せました
これは並みの選手ではできる動きでは無いです。

そして矢地祐介
強みは何より見た目から分かるあのフィジカル。
未来が本来1階級下で試合している事を考えると、かなりの差がでてくると思います。
クリンチしてしまえば、テイクダウンを防ぐのはかなり厳しそうです。
これまで打撃決着の試合が多いですが、フックがダイナミックで頭を下げ振り回すためかなりの威力があります。

さぁ試合予想ですが、自分は朝倉未来の勝利を予想します。
基本的に組まれたくない未来が、離れてコツコツ打撃を当てる展開になるのでは
矢地のフック際の下がった頭に左のヒザを合わせる
そういった展開もあるかもしれません

ただ、そこはMMA矢地が案外簡単にクリンチできたり、豪快なフックが火を噴く可能性もあります。

やってみないと分からない。とにかく楽しみな一戦です!
スポンサーサイト



謎のロシア兄弟に思う事

RIZINにしつこく出場をアピールしているシュメトフ兄弟

実は私もRIZINの会場で会っておりまして、記念撮影をお願いした所
しっかりサイン入り名刺をくれました(笑)

そんなサービス精神旺盛なシュメトフ兄弟ですが、特に熱意があるのは弟のビタリー・シュメトフ
ライトヘビー級の選手で歳は本人曰く30歳(Sherdog等では33歳になっていますが…)
RIZINでもライトヘビー級タイトルが新設され、選手層を厚くしたい所でしょう

では実力はいかほどか

2010年から10連勝中 というと聞こえは良いですが、
その10連勝の相手の多くがデビュー戦や1勝もしたことが無い選手

そして最も実績のある選手との対戦が以下の試合となります。

相手はシャノン”ザキャノン”リッチ
通算200戦以上のMMAファイトをこなし、PRIDEにも参戦している選手です。
懐かしいですね。


現在48歳(試合当時は47歳)
決して戦績の良くないリッチを相手にKO勝ちを収めていますが、完全に切れる距離からのタックルに対して対応できずクリーンテイクダウンされているのが気になります。


そしてこの試合


もっとも直近で行った試合
相手も19勝11敗とそこそこの戦績を誇っている様です。

結果はノーコンテストですが、恐らくフックによる流血なのでTKO勝ちとしても良いのでは…と思います。
ここでも組みの攻防での弱さが目立ちます。
詰められた時の対応も…

とは言えこれ以上の実力を測れる選手との試合が無いので、本当の実力の程は定かではありません。

個人的にはある程度の話題性もありますし(一応yahooニュースに乗ったそうですし)、
1回出場させても良いのではと思います。
ストライカーの様ですし、常連のオークストリスやカッペローザと相性が良いのではないでしょうか


まぁ勝てるとは思えませんが
RIZINへの熱意で、凄い成長を遂げているかも。。。

再びメジャー団体へ出陣!

既報ですが、UFC→RIZINで活躍してストラッサー起一がベラトールと契約

さらに本日、UFCとの新たな日本人選手契約の噂が流れました。
有力とされているのはパンクラスで活躍している佐藤天

両者共にウェルター級と日本人としては厳しい階級の選手です。

RIZINとの提携で日本と身近なイメージのベラトールですが、日本人とレギュラー参戦は1年前の加藤久輝依頼
それ以前も石井慧や所英男等、スポット参戦はありましたが、定期参戦は実はほとんどいません
直近で参戦予定の堀口もRIZIN契約下ですから、精々年1試合くらいの参戦でしょう

UFCでの日本人契約選手は知っての通り
1年以上前のUFC JAPANにて新規契約があったものの、多くの選手がリリースとなってしまい
残るはK太郎、安西、朱里のみとなっていました。

近年は国内ではRIZIN、海外でもONEが日本人の優秀な選手と契約しており
選手としては格闘技で生計を立てていくチャンスは十分すぎるほど整ってきました。

しかしながら、それに伴い本場アメリカでのメジャー団体で活躍する日本人選手がドンドン減ってしまっていました。

個人的には、RIZIN等で日本の市場を盛り上げるということはとても大切ですが
やはり執着点はメジャー王者。
日本人がUFCやベラトールのベルトを巻く姿が一番見たいです。

2人には是非ベストなパフォーマンスを発揮してもらって、世界に日本のレベルの高さを見せつけて欲しいものです

ミルコ引退!?

こんな記事を書いた矢先…
http://kakutupoppo.blog52.fc2.com/blog-entry-749.html

ミルコ・クロコップが脳卒中で引退を発表
http://www.boutreview.com/3/news/item_19921.html

引退→復帰を繰り返していたが、今回はドクターストップ
本当のお別れになりそうだ

思えば初めて格闘技観戦に行ったのも
ミルコの試合を生で見たかったからだった。

あれから20年弱
自分も格闘技を初めて、ある意味人生を変えてくれた人だったのかもしれない

Wild Boysでの入場がもう見れないと思うと残念だけど
元々2010年頃に引退していてもおかしくなかった選手
あれから随分と夢を見させて貰った

生涯戦績 MMAでは52戦38敗 、 キック31戦23勝
ここ最近は10連勝でここ最近で負けた選手はUFCランカーのオレイニク、ネルソン、ミアとそうそうたるメンバーが並ぶ
キックでも2012年のK-1トーナメントを制して、直近の敗北はレミーとの判定負けのみ

まずはひとまずお疲れ様
でも必ず、もう一度日本に来てくれる事を信じています。

SWATに行ってきました

今日は一緒に練習をしてくれているプロ選手の応援にSWATに行ってきました。

このSWATはMMA団体ZSTの登竜門的イベントで
ZSTの前座として行われる事が多いですが、今回は単独での開催となります。

会場はGENスポーツパレス
IMG_5731.jpg

K-1ジムが入っており、アマチュアK-1の会場としてもおなじみの会場ですね
常時、リング、プロレスリング、ケージのフルサイズが常設されています。

正直普段はジムとして使用しているので、会場としてはとても小さいです。
しかしこの距離で見る試合は迫力があります。

特に今回はセミファイナルでの北野一声選手のKO勝ちがとても素晴らしかった。
至近距離で完全なKOシーンを見ると、あぁー!っと自然と声が出てしまいます。

こういった小規模の会場での興行は
正直一般のファンの方が見に来るというには少し敷居が高い気もしますが
たまにはこの様な本当に小さな会場で、間近で格闘技を見るのも悪くないですよ
プロフィール

mipoMMA

Author:mipoMMA
最後の昭和生まれ(♂)
2019年初旬より
突然ですが、更新再開します!

twitter
https://twitter.com/mipomma

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ

にほんブログ村 格闘技ブログへ

・2/14
ブログ開設3周年を向かえました!!

      DREAM

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード